とちテレニュースカレンダー

2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年09月25日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■大規模災害を想定し中心市街地で訓練 宇都宮(18-09-25)

地震などの災害が発生したときに買い物客の安全を守ろうと宇都宮市中心部のオリオン通りなどで防災訓練が行われた。参加した人たちはまず、買い物客やけがをした人を避難所と見立てたオリオンスクエアに誘導した。今年は全国各地で災害による甚大な被害が相次いでいることから4年ぶりに再開。参加した人たちは消火器やAEDの使い方なども学んだ。

■いよいよ開幕 ブレックスティップオフパーティー(18-09-25)

パーティーではまず鎌田眞吾社長が今年のチームスローガン「ADVANCE」のもと前に進む気持ちで王者奪還できるよう戦いたいとあいさつ。そして、ブレクシーの盛り上げに合わせて選手たちが登場した。今シーズンから加入した栗原貴宏選手や田原隆徳選手、エリック・ロバーツ選手もサインと写真撮影に応じファンやスポンサーと親交を深めた。栃木ブレックスは10月6日にアウェーで福岡との初戦に臨む。

■認知症予防へ 県が会合(18-09-25)

認知症対策について話し合う県の推進会議が開かれた。県内では認知症の人を支援するサポーターは17万人余り、サポートする医師は133人にいて県の計画を上回っている。今後、認知症の高齢者がさらに増加すると予想されるため、県は今年度から3年間でサポーターを19万人に、サポートする医師を230人に増やすなどの目標を掲げている。委員からは認知症への正しい理解を広げるために取り組みを継続していくことや、地域での医療連携体制の構築に向けて介護など顔の見えるチームづくりが必要という声が相次いだ。

■新嘗祭に向けて 稲を収穫 益子(18-09-25)

11月に皇居で行われる秋の実りに感謝する儀式「新嘗祭」で奉納される稲の収穫が益子町で行われた。稲は益子町の?野美晴さんと玲子さんの夫婦と家族が大切に育ててきた。収穫祭では神社の宮司やJAはが野の関係者など約100人が出席した。新嘗祭には栃木県からは毎年、コメとアワが奉納されていて平成最後の今年は益子町産のものを納める。収穫された稲は乾燥や脱穀などの作業を経て、10月に天皇陛下に奉納される。

■高根沢町出身 千葉ロッテ岡田選手引退へ(18-09-25)

高根沢町出身でプロ野球千葉ロッテマリーンズの岡田幸文選手が25日、今シーズン限りでの現役引退を発表した。岡田選手は作新学院高校を卒業後、オール足利クラブを経て2008年のドラフト育成6位で千葉ロッテに入団した。2010年の日本シリーズでは勝てば日本一が決まる一戦でタイムリーヒットを放ち日本一に貢献したほか、高い守備力と走力を武器に2011年と2012年には2年連続で外野手としてパ・リーグのゴールデングラブ賞を受賞した。岡田選手は「10年間という短い間ではありましたが本当に幸せな野球人生でした。悔いはありません。」とコメントを発表している。当時の監督の栗原祐幸さんは引退を聞き「10年間お疲れさまと伝えたい。足利から活躍をしてくれて感謝の気持ちでいっぱい」と話した。
  • ミヤリーの部屋
  • とちテレSHOP
  • visual
  • スノーボード天国
  • 海と日本PROJECT
  • SOUND30