とちテレニュースカレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年11月19日(月)のニュース

ニュース動画一覧

■カルビー清原工場を視察 長時間労働削減の参考に(18-11-19)

栃木労働局は19日、長時間労働の削減に取り組む、宇都宮市のカルビー清原工場を視察した。カルビーでは、就業管理システムで従業員の労働時間を把握。1ヵ月の残業時間を20時間以下にすることに取り組んでおり、工場内のチームリーダー以上の残業時間を定期的に開示し意識付けを行っている。またカルビー清原工場では有給休暇を連続5日以上の取得を勧めるリフレッシュ休暇や半日の有給休暇制度なども導入していて、県労働局は、実際の作業現場の見学を通して働き方について確認した。

■大田原高校 池の水全部抜く 課題研究発表(18-11-19)

高校生が日ごろの課題研究の成果を報告する発表会が19日、宇都宮市内で開かれた。これは県教育委員会が主催したもので、宇都宮白楊高校など、課題研究に力を入れている6つの高校が発表した。大田原高校は、学校の敷地内にある「和楽池」の環境改善を目的とした研究を発表し、生徒たちは、池で暮らす生物や池の水を抜く前と抜いた後の水質や放射線量の検査結果を説明した。また宇都宮白楊高校は、去年学校で栽培するトマトを使い、食の安全や環境保全への取り組みを認証する「JGAP」を取得したことなどを説明した。

■那須町の除染土実証実験 検討チームが現地視察(18-11-19)

19日、東電福島第一原発の事故に伴う除染土の処分方法を検討するため、環境省が那須町で行っている実証事業の現場を甲斐倫明座長ら4人の専門家チームが視察した。環境省は、先月から保管していた土を掘り出し、本格的に工事を始めた。実証事業は、同じ場所に再び土を埋め直し空間放射線量や設備の中を通った雨水などの濃度を計測して安全性を確認する。今月下旬にも、埋め直しの作業を始めそれと同時に放射線量を記録していく。環境省は、同様の事業が行われている茨城県東海村の結果と合わせ、今年度中に中間の取りまとめを行い、検討チームで最終的な処分方法を協議していく。
  • visual
  • SOUND30
  • 旅好き
  • とちテレゴルフ
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜