とちテレニュースカレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年11月22日(金)のニュース

ニュース動画一覧

■国の災害査定始まる(19-11-22)

国の補助を受けるため台風19号による被害状況を調べる災害査定が22日から始まり、国土交通省の災害査定官などが大田原市や矢板市を流れる3つの河川を訪れた。調査官は応急で復旧した堤防を見て回り、被災前の状況や被害のメカニズムなどに説明を受けた。台風19号によって県内の道路や河川などの公共土木施設は1119カ所で被害を受け被害額は365億9000万円に上っている。災害査定は来年1月末まで県内各地で行われるという。

■校舎使えない小学校の復旧急ぐ 鹿沼市長会見(19-11-22)

台風19号で浸水し校舎が使えなくなっている鹿沼市の清洲第一小学校について、佐藤信市長は定例会見で関係者に協力を求めた。この小学校は先月の台風19号で近くを流れる思川の水があふれ、校舎と体育館が床上浸水、校庭に土砂が流れ込むなど大きな被害を受けた。学校の変電設備も水没し電気が使えなくなっていることから全校児童36人は約4キロ離れた粟野中学校の校舎で授業を行っている。この小学校は市の洪水浸水ハザードマップでは浸水想定区域に入っておらず避難所として表記されているため、今後見直しを行う方針。





■世界遺産サミットが閉幕(19-11-22)

日光市で開かれていた世界遺産サミットが閉幕した。地元の高校生らによる報告あと、会場では全国で社寺の修復を手掛ける小西美術工藝社のデービット・アトキンソン社長が基調講演を行った。続いて、前日行われた分科会で話し合われた内容の報告が行われたあと、日光市の大嶋一生市長が世界遺産の保全を図りながら、地域が連携して観光資源として活用していくことを盛り込んだサミット宣言を読み上げた。次回のサミットは沖縄県で行われた。
  • SOUND30
  • とちテレ公式YouTube
  • 2019日本の祭り
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜