とちテレニュースカレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年11月のニュース

ニュース動画一覧

■行政手続きの押印 45%は廃止 那須塩原市(20-11-10)

国が主導となり行政手続きでのハンコ廃止が進んでるなか那須塩原市は10日市民や事業者が提出する資料などではんこを省略する取り組みを始めると発表した。行政手続きの押印廃止に踏み切ったのは県内の自治体では初めて。市民が行政手続きを行う際にはんこが必要なものは2250種類。このうち寄附の申し出や運転免許証の自主返納の申請など身分証明などがあれば手続きできるものは1014種類あるという。中でも671種類は準備を整えて11月中の廃止に。残りも条例や規則を改正して来年春のはんこ廃止を目指す。戸籍謄本や婚姻届は国が所管するため現時点では対象外。

■栃銀 中間純利益8億円 (20-11-10)

栃木銀行は10日今年9月期の中間決算を発表した。グループ全体の最終的な純利益は前の年と同じ8億円となった。銀行単体での経常収益は国債などの債権売却益の減少などにより前の年の同じ時期に比べて36億円少ない169億円となった。

■新型コロナ 新たに4人 感染者500人突破(20-11-10)

県と宇都宮市は10日新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県が発表したのは小山市の70代の男性と真岡市の60代の男性。70代の男性は今月5日から下野市の医療機関に入院していたが7日に発熱したため検査をしたところ陽性と判明した。入院先の病院の医療関係者や患者についてはPCR検査の結果、陰性が確認されている。一方、宇都宮市が発表した2人は70代の男性と60代の女性の夫婦。県内で感染が確認された人はこれで503人。重症者は1人増えて4人となった。

■宇都宮の魅力 歩いてPR(20-11-10)

 

■コロナ後の経済見据えセミナー(20-11-10)

 

■宇都宮市長選 期日前投票始まる(20-11-09)

8日告示され現職と新人の一騎打ちとなった宇都宮市長選挙の期日前投票が9日から市役所をはじめ各地区の市民センターなど18カ所で始まった。投票所は、新型コロナウイルスが対策が取られ期間中は商業施設にも期日前の投票所を設ける予定。宇都宮市の有権者の数は約43万人で15日の投票日当日は市内100カ所に投票所が設置される。

■新型コロナ 新たに宇都宮市の30代男性が感染(20-11-09)

宇都宮市は9日、新たに30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新たに感染した宇都宮市の30代男性は市内の企業に勤めている。11月3日と4日に県外の陽性判明者と接触していて濃厚接触者として9日に検査した結果、陽性とわかった。県内の感染者はこれで499人となった。

■奥日光で紅葉真っ盛り(20-11-09)

9日の日光市、川治温泉駅周辺と龍王峡では色のコントラストがよく、特に真っ赤に色づいた木々が絶景を演出していてちょうど見頃を迎えている。野岩鉄道沿線の様子を社員が撮影した。新型コロナウイルスの影響で今年上半期の運賃収入、乗車人員ともに前の年に比べて半分にも満たない厳しい状況で野岩鉄道の関係者は「鉄道を利用して紅葉を見てほしい」と話している。

■現新一騎打ち 県都決戦スタート(20-11-08)

 任期満了に伴う宇都宮市長選挙が8日告示され、いずれも無所属で、届け出順に新人で立憲民主、共産、社民から推薦を受ける弁護士の須藤博氏(77)と自民・公明の県組織から推薦を受け5回目の当選を目指す現職、佐藤栄一氏(59)の2人が立候補した。7日間の県都決戦がスタートした。須藤候補は、現職の多選を批判し、市が整備を進める次世代型路面電車・LRTの工事を一旦凍結し、その費用を新型コロナ対策に充てることなどを掲げている。佐藤候補は検査体制の充実などの新型コロナ対策、都市機能を集めた「ネットワーク型コンパクトシティ」の早い実現などを公約の柱にしている。投開票は県知事選挙と同じ15日に行われる。

■男子は宇都宮工 女子は白鴎大足利が全国切符(20-11-08)

 全国高校バスケットボール選手権大会・ウインターカップの県予選決勝が8日行われ、女子は白鴎大足利、男子は宇都宮工業が優勝を飾り全国切符を手にした。白鴎大足利は宇都宮中央女子に前半だけで20ポイント差をつけると、最後までリードを保ち84対68で、3年ぶり2度目の栄冠。10年連続で文星芸大附属との対戦となった宇都宮工業は序盤、点の取り合いとなったものの、徐々に地力の差を見せ、第1クオーターにブザービーター。第3クオーターにも、再びブザービーターを沈め119対94で3年ぶり10度目の王座についた。ウインターカップは12月23日から都内で。

■新型コロナ 県内8日は陽性者ゼロ(20-11-08)

県と宇都宮市は8日、新型コロナウイルスのPCR検査を合わせて16件行い、すべて陰性だった。県内で感染が確認された人は、累計498人で、現在3人が重症。

■県中学駅伝 コロナ禍でトラック周回(20-11-07)

関東への切符をかけた県中学校伝競走大会が7日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで開かれた。男女21校出場の今大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、タスキの受け渡しはせず、区間ごとにトラックで周回レースを行い合計タイムを競う形で行われた。午前中の女子の部では、真岡東が41分28秒のタイムで初優勝。男子の部では去年初の全国優勝を果たした市貝中などを抑え、三島中が55分27秒のタイムで2年ぶりに県大会を制した。関東大会は来月6日に茨城県で行われる。

■新たに2人の感染を確認 新型コロナ(20-11-07)

県は7日、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1人目は足利市の80代の女性で6日に検査し陽性が判明、濃厚接触者はいないという。2人目は真岡市の70代の男性で8日以降に詳細が発表される。県内で陽性が確認されたのはこれで498人。
  • はじめてばこ
  • まろにえーるTV 超
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • 海と日本PROJECT
  • うたの王様 よくあるご質問
  • チラシビジョン