とちテレニュースカレンダー

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年04月のニュース

ニュース動画一覧

■全国初「いちご学科」新設1期生9人(21-04-07)

イチゴの生産量日本一を誇る栃木県の農業大学校に全国初の「いちご学科」が新設され7日、県内と東京都出身の18歳から45歳までの9人が入学した。2年かけて専門知識や技術の習得、生産現場での実習などを経験し独り立ちを目指す。挨拶に立った福田富一知事は「農業の未来を拓く人材に成長してほしい」とエールを送った。

■日光田母沢御用邸のシダレザクラ見ごろ(21-04-07)

日光市の日光田母沢御用邸記念公園で樹齢400年のシダレザクラが見ごろを迎えている。日光市の天然記念物に指定されていて高さは約15メートル。暖冬の影響もあり例年より1週間から10日ほど開花が早まった。開花に合わせてこの時期だけ開放している2階部分の部屋に加えて、静養された大正天皇が皇居に向かって拝む際に使った御日拝所と呼ばれる部屋を9日まで開放していて、施設の各所から表情の異なるサクラを楽しむことができる。

■新型コロナ新たに24人感染 50例目クラスターも(21-04-07)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は7日、新たに24人の感染を確認したと発表した。また宇都宮市の保育施設で職員3人と園児3人の合わせて6人の感染が7日までに確認されたため、県は50例目のクラスターに認定した。また県は、3月下旬から4月上旬に発症した10歳未満から40代の6人から変異株が確認されたと発表した。県内の変異株患者の累計は26人となった。

■交際相手にガソリン 殺人未遂で男逮捕 小山(21-04-07)

交際相手の女性にガソリンをかけ火を付けようとしたとして、栃木県警は7日、殺人未遂の疑いで小山市大行寺のタイ国籍の無職デパラ・ユラナン容疑者(25)を逮捕した。県警によると「殺意はなく、少ししかかけていない」などと否認している。逮捕容疑は3月15日午後6時20分ごろ、小山市のスナックで手伝いをしていたタイ国籍の無職女性(24)にペットボトルに入ったガソリンをかけ、ライターで火をつけて殺そうとした疑い。県警によると、従業員らに制止されたため逃走した。2人は当時、交際していたという。

■速報・7日の陽性判明24人 県と宇都宮市で(21-04-07)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は7日、新たに24人の感染を確認したと発表した。県内での感染者は累計4825人となった。※詳しくは夜9時のニュースでお伝えします。

■柔道男子60キロ級の高藤(下野市出身)が優勝(21-04-06)

柔道のアジア・オセアニア選手権は6日、キルギスのビシケクで開幕し、東洋五輪代表で男子60キロ級の高藤直寿が(下野市出身、パーク24)が優勝した。

■新たに24人感染 累計4,801人に(21-04-06)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は6日、新たに24人の感染を確認したと発表した。患者は、真岡、小山、矢板、那須塩原、栃木、佐野、足利、宇都宮などの10歳未満の未就学児から70代までの男女。このうち2人は、県内47例目のクラスターとなった栃木市の事業所の従業員。また県は、今月上旬に発症した70代男性と20代男性から変異株が確認されたと発表した。県内の感染者は累計4,801人となった。

■首里城25分の1の大きさで 沖縄に元気を(21-04-06)

 世界中にある建築物のミニチュアを展示する日光市の東武ワールドスクウェアで、2019年の火事で正殿など多くが焼失した沖縄県を象徴する首里城の設置が進められている。6日は、都内から運ばれてきた25分の1の大きさで精巧に再現された模型を約120平方メートルの敷地にスタッフが丁寧に設置していった。園内にはもともと、守礼門が展示されていたが、沖縄を元気づけたいと、約1億円をかけて制作した。一般には24日から披露される。

■ルール守って 春の交通安全運動始まる(21-04-06)

 交通事故防止を呼び掛ける春の交通安全県民総ぐるみ運動が6日から始まり、宇都宮市江曽島町の交差点で福田 富一知事らが通勤通学の時間帯に合わせてドライバーなどへの呼び掛けを行った。宇都宮南警察署や県交通安全協会などから約30人が集まり、マナーアップのパネルを掲げて街頭に立った。県内では今年に入ってから5日までに18人が交通事故で亡くなっている。運動は来週15日まで。

■現新一騎打ちの選挙戦に 高根沢町長選(21-04-06)

 任期満了に伴う高根沢町長選挙が6日告示され、3回目の当選を目指す現職と前町議会議員の新人による一騎打ちの選挙戦に突入した。立候補したのは届け出順に現職の加藤公博候補(61)と新人の齋藤誠治候補(63)の2人。約760票差だった前回2017年と同じ顔触れとなった。加藤候補の出陣式には地元選出の国会議員や県内各地の市町長が応援に駆け付けた。一方、齋藤候補は支持者約200人を前に第一声をあげた。11日に投開票。
  • 第10回とちテレゴルフカップin烏山城カントリークラブ開催のお知らせ
  • まろにえーるTV 超
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • 島守の塔
  • チラシビジョン
  • CM制作募集