とちテレニュースカレンダー

2021年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■訃報・栃木SC 上野佳昭元GM死去(21-04-14)

  サッカーJ2・栃木SCの元GMで旧喜連川町、現在のさくら市出身の上野 佳昭さんが病気のため亡くなった。81歳だった。上野さんは中央大学卒業後、古河電工で川淵三郎さんらと活躍。日本代表候補に選ばれたこともある。1980年、栃の葉国体で栃木県成年男子チームを優勝に導き、2007年1月、栃木SCの強化部長に就任。プロ化を進めJリーグ昇格後の栃木SCでGMや強化部長、シニアアドバイザーなどを歴任し、栃木県のサッカー文化の向上に貢献した。

 栃木SCは17日(土)開催の千葉戦と21日(水)開催の新潟戦でキックオフ前に黙とうを行うと発表。選手・スタッフは喪章を着け試合に臨む。

 ご冥福をお祈りします。

■新型コロナ新たに13人感染(21-04-13)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は13日、新たに宇都宮市や塩谷町、那珂川町などの20代から80代の13人の感染を確認したと発表した。このうち9人は家族や同居人などに陽性者がいた。県内の感染者はこれで累計4954人、現在の療養者は199人、このうち重症者は3人で入院調整中は10人。

■大田原で乳牛の放牧始まる(21-04-13)

大田原市湯津上の大野牧場で13日から乳牛の放牧が始まった。約28ヘクタールの広くて適度な起伏がある土地で牛を過ごさせ、出産に向けた丈夫な体をつくろうと毎年この時期から乳牛の放牧を行っている。この日は市内の酪農家が育てた7カ月から2歳ほどの乳牛25頭を1頭ずつ体の高さや体重を図ったあと放牧地に放した。牛たちは始めはなかなか入ろうとせず緊張した様子だったが、次第に環境に慣れ、のんびりと草を食べて過ごしていた。大野放牧場利用組合の谷川賢一組合長によると今年は牧草の成長が早くて牛に良い環境だという。乳牛は放牧を通して最大150キロほど体重を増やし11月初旬、酪農家のもとに戻される。

■医療従事者のワクチン接種 2万6千回終了(21-04-13)

今年2月から先行して行われている医療従事者へのワクチン接種は県内では2月中旬から行われ今月9日時点で2万6525回分の接種が終わったことが分かった。福田富一知事が定例の記者会見で明らかにしたもの。県内の医療従事者は約6万9千人で、1度も接種をしていない人もいれば2回の接種を終えた人もおり、合計で10万回以上の接種がまだ終わっていないのが現状。福田知事はワクチンがいつ届くかを含め全体的なスケジュールが示されていないことについて「いつどれだけの量が届くのか示されておらず、現場は手探り。国はしっかりしてもらいたい」と不満を示した。

■踏切改良義務 全国93ヵ所 県内も1カ所(21-04-13)

国土交通省は13日、踏切での事故や渋滞を減らすため自治体や鉄道会社に改良を義務づける対象として、栃木県を含む全国25の都府県の95ヵ所を指定した。3月末に成立した「改正踏切道改良促進法」に基づく指定の第一弾で、例えば長時間待たされる「開かずの踏切」や福祉施設の周辺など、特に安全確保が必要な箇所などがその対象となる。

 県内では『那須塩原市太夫塚3丁目』の市道にあるJR東北本線の踏切が指定された。那須塩原市では今後、JR東日本と踏切の改良について協議していく方針。

■出産男児殺害 17歳女子高生を少年院送致(21-04-13)

 宇都宮家庭裁判所は、去年12月、小山市内のショッピングモールのトイレで出産した生後まもない男児を殺害したとして、家裁に送致されていた17歳の女子高生について少年院送致とする保護処分を決定した。12日付け。

 瀬戸 啓子裁判長は決定理由で「抵抗できない男児をハサミで切りつけており悪質。出産直後、周囲に助けを求めることなく男児を殺害し、経緯はあまりに短絡的」「専門家による教育を通して命を生み育てる責任の重さを理解させることが必要」だとして比較的長期間の処遇が必要との勧告をつけた。

■後見人務めた男性の通帳 311万円使途不明 鹿沼・社協(21-04-13)

認知症などで判断能力の不十分な人の財産を守り支援する成年後見制度で、法人後見事業を行っていた鹿沼市社会福祉協議会は13日会見し、後見人となっていた鹿沼市の男性の口座から311万円の使途不明金があることがわかったと発表した。担当職員が管理していたこの男性の2つの通帳は財産目録に記載がなく、36回にわたって引き出されていたという。担当する男性職員は先月20日に倒れ、救急搬送され現在も入院中。鹿沼市社会福祉協議会では「深くお詫び申し上げます。今後担当者の回復を待って調査するとともに補償を進めていきたい」としている。

■速報・13日の陽性判明は13人 累計4954人に(21-04-13)

13日、県と宇都宮市は新たに13人の感染を確認したと発表した。県内の感染者の累計は4954人となった。

※夜9時のニュースで詳しくお伝えします。

■県アイスホッケー連盟 会長代理人に土田氏(21-04-13)

県アイスホッケー連盟は12日、会長を務めていた日光市の大嶋一生市長が病気で亡くなったことを受けて、副会長でH.C.栃木日光アイスバックスを運営する栃木ユナイテッドの取締役兼チームディレクターの土田英二さんを会長代理人にしたと発表した。後任の会長が選ばれるまでのあいだ会長職を代理で務める。

     

■県内の公立小学校で入学式(21-04-12)

県内の多くの公立小学校では12日、入学式が行われた。このうち再来年度に義務教育学校へと統合される那須塩原市の横林小学校では新入生2人が学び舎の門をくぐった。入学式では畠山正敏校長が祝辞を述べ新たな門出に立った2人を歓迎した。横林小学校は創立148周年の伝統があるが、児童の減少で、再来年の春、近隣の3つの小中学校と統合して義務教育学校「箒根学園」として新たなスタートを切る。
  • とちテレ番組ガイド
  • チラシビジョン
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • はじめてばこ
  • イブ6プラス
  • とちぎテレビをご覧いただく方法