とちテレニュースカレンダー

2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■通学路の安全点検(20-06-10)

■JR宇都宮駅で車両の消毒(20-06-09)

 JR東日本では利用者の不安を払拭しようと今月から定期的に行っている点検や消毒とは別に宇都宮駅で車両の消毒を行っている。運転士や駅員、約20人が手すりやつり革を手際よく消毒していく。ほかにも駅の構内のイスや自動販売機、券売機など利用者が接触する場所をくまなく消毒。JR東日本によりますと利用者の状況は緊急事態宣言中の先月12日は前の年と比べて26%で、解除された後の今月2日は55%と利用者が徐々に戻りつつある。今月19日からは観光などで県をまたぐ移動も緩和され利用者が増えていくことが予想されることから駅側と利用者側が互いに感染症予防をすることが重要となる。

■佐野の小学校でバケツ田植え(20-06-09)

 新型コロナウイルスによる臨時休校で田植えの体験授業ができなった児童のために、佐野市に4月に開校した小中一貫校「あその学園義務教育学校」で、バケツを使った田植えの体験が行われた。統合前、一部の小学校で、田んぼを使った田植えの体験授業が行われていたことから、新しい学校でも4年生の児童たちが田植え行う予定だったが、臨時休校の期間と田植えの時期が重なり田んぼを使うことができなかったためバケツを田んぼに見立てて、苗を育てることになったもの。毎年、田植えを指導してきた横塚順一さんの指導を受けながら、苗の束を丁寧にバケツに植え付けていた。バケツは校舎の外に並べられ、児童たちが稲の成長を見守る。

■うつのみや花火 例年通りの大会は中止(20-06-09)

 うつのみや花火大会を運営する特定非営利法人うつのみや百年花火は9日、宇都宮市役所で現状報告会を開き、9月21日に予定していた花火大会について「例年通りの内容での開催を見合わせる」と発表した。「うつのみや百年花火」ではこれまで行ってきた花火大会の代わりにそれぞれの家庭で手持ちの花火を楽しんでもらうキャンペーンを企画。家族や友達と花火の様子を撮影しその写真や動画と思い出などをSNSで送ってもらい公開していく方針。FAXや郵送でも受付期間は8月から9月末までを予定している。

■コロナ対策 月内にも追加補正(20-06-09)

 

■季節の花々 色鮮やか(20-06-09)

 

■国体 開催地4県で要望へ(20-06-09)

 

■感染の給食調理員 業務復帰へ(20-06-09)

 

■佐野で猛暑日 関東で今年初(20-06-09)

 

■産廃企業が防護服など寄贈(20-06-09)

■住宅火災で1人死亡 宇都宮(20-06-08)

8日午後3時半ごろ、宇都宮市針ヶ谷の男性(85)の家が燃えていると、近隣住民から通報があった。木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。宇都宮南警察署によると男性は1人暮らしで、火事の後連絡が取れていない。

■コウノトリのヒナ2羽誕生 渡良瀬遊水地(20-06-08)

小山市の渡良瀬遊水地で国特別天然記念物のコウノトリのつがいにヒナ2羽が誕生した。野外繁殖による誕生は東日本初。6日に渡良瀬遊水地を見守るボランティアが1羽を確認し、翌日に少なくとも2羽いることがわかった。親鳥は千葉県で放された雄の「ひかる」と徳島県生まれの雌の「歌」。情報を知って「いつヒナが見られるのか」と巣が見える近くの土手には、多くの人が集まっている。専門家の協力を得て7月上旬にもヒナの性別を確認し、順調に育てば、7月下旬には巣立つ。小山市では6月いっぱいヒナの愛称を募集し、名前を決めた後、住民票を交付する予定。

■新しい元気発信プランにコロナ対策(20-06-08)

県政運営の基本指針となる新たな5ヵ年計画の県議会の検討会が開かれ、新型コロナウイルスの感染が拡大し、経済、医療、教育といったさまざまな分野に大きな影響を与えたことから、県は新しいプランに新型コロナウイルスの対応を盛り込むことにした。新たな生活様式の定着を目指すため学校のオンライン授業や病院のオンライン診療、遠隔医療についてプランに反映させるため検討を進める。委員からは「オンラインリハビリも検討すべき」「経済や産業面、雇用対策について対応してほしい」などの意見が出た。県は10月ごろに第2次素案をまとめ、来年2月ごろに決定、公表する方針。

■塩谷町長選に福田徳弥町議が出馬の意向(20-06-08)

任期満了に伴い8月に行われる塩谷町長選挙に、町議会議員の福田徳弥氏(49)無所属で出馬する考えであることが分かった。福田氏は2017年の塩谷町議会議員選挙に自民党公認で立候補しトップで初当選。現在1期目。取材に対し福田氏は「町の人口減少を見据えた政策で全ての世代が満足できる町作りをしたい」と答えた。塩谷町長選挙には現職の見形和久氏が3選を目指し立候補を表明している。

■栃木GB 小山市へマスク寄贈(20-06-08)

■栃木GB オープン戦(20-06-08)

  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • チラシビジョン
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • イブ6プラス
  • 海と日本PROJECT