とちテレニュースカレンダー

2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■東京五輪の気運醸成へ 渡辺選手などトークショー(18-06-24)

東京オリンピック・パラリンピックの旗が全国各地を巡るフラッグツアーイベントの一環で、栃木市で24日、野球でシドニーオリンピックに出場した渡辺俊介選手と北京とロンドンのパラリンピックでシッティングバレーボールに出場した日光市在住の金田典子選手のトークショーが行われた。2人は集まった小学生や中学生約110人を前にオリンピックとパラリンピックの魅力を話した。旗は25日、上三川町に引き継がれる。

■DCきっかけに 子どもたちが「おもてなし体験」(18-06-24)

6月末まで県内で行われている大型観光企画「デスティネーションキャンペーン」に合わせ、大田原市の紫陽花まつり会場で24日、地元の小学生と中学生14人がパンフレットを配り、おもてなしの心を育んだ。市内の登録している観光ボランティアの数は現在20人ほどで、今回の取り組みを通し、将来の担い手確保につなげたい考え。

■外国人の男性刺され死亡 容疑者とみられる男が出頭(18-06-24)

24日午前2時半ごろ、足利市大前町のアパートの2階の部屋で男性が刺されていると消防から警察に連絡があった。カンボジア人とみられる30歳ぐらいの男性が右太もも1カ所を刃物のようなもので刺され死亡した。成田警察署(千葉県)に刺したとみられる男が出頭し、足利警察署でこの男が何らかの事情を知っているとみて調べを進める方針。

■夏そばの清涼感を味わう 日光(18-06-23)

 

■通学路の安全を確保へ ブロック塀取り壊し 矢板(18-06-22)

今月18日の大阪北部地震で、小学4年生の女の子がブロック塀の下敷きになり死亡したことを受け、矢板市教育委員会は通学路の安全を確保するため、ブロック塀を取り壊す作業を22日から始めた。矢板市末広町の「仮称・とちぎフットボールセンター」の候補地を囲む塀は、道路からの高さが約3メートル、長さも300メートルほどあり、矢板東小学校などに近く、歩道が通学路として使われている。矢板市では、今年度中に「仮称・とちぎフットボールセンター」を整備する予定で、塀もそれと合わせて取り壊す方針だったが、大阪北部地震を受け前倒しで作業に取り掛かった。また県教育委員会が、公立小中学校など592校を対象に行った緊急点検の結果が公表され、76校の129カ所で塀などに傾きやひびが見つかったが、緊急対応が必要な箇所はなかったという。

■岩下の新生姜ミュージアム 3周年記念にあのキャラが登場(18-06-22)

栃木市の「岩下の新生姜ミュージアム」がオープンしてから3周年を迎えた。これを記念して、ミュージアムに人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクター、「イーブイ」と「ヤドン」が登場。ヤドンのピンク色のしっぽが新生姜に似ているためSNSなどで話題になったことから、3周年のお祝いに駆けつけた。ミュージアムは、開館してから30万人以上の人が訪れる人気の観光スポットとなっている。

■誰に贈りますか?お中元商戦スタート(18-06-22)

県内の百貨店でお中元商戦が本格的にスタートした。東武宇都宮百貨店宇都宮本店はきょうからお中元のギフトセンターを開設。スイーツや天然アワビのステーキなど県内外から取りそろえた約1,200点がずらりと並ぶ。実際に味わって、「良い」と思ったものを贈れるよう「試食コーナー」も設けられている。東武宇都宮百貨店によると、お中元商戦のピークは7月の1週目で、東武宇都宮の特設会場は、7月23日まで開かれている。

■栃木発の食ブーム目指す(18-06-22)

 

■地域のキャリア教育充実を 総合教育会議(18-06-21)

地域の教育行政について話し合う県の総合教育会議が今年度初めて開かれ、福田富一知事など7人が出席した。テーマは「地域を支える人材の確保と職業人を育てるキャリア教育の充実」。大卒者離職率が就職から3年までに3割を超えている実態などが説明された。これらを受け県教育委員会は県内企業の魅力発信を目的に高校2年生を対象に県立高校32校でインターンシップの取り組みを行っている。

■新スタジアムの建設現場 一般見学会初開催(18-06-21)

県が宇都宮市に整備を進めている総合スポーツゾーンの一般向け工事現場見学会が21日、初めて開かれ約90人が参加した。コースは新スタジアムで2017年5月に工事が始まり現在は観客スタンドの上層部分の工事が本格化している。大型のクレーンで重さ約100トンの観客席を支える部材を地上10メートル以上の高さに持ち上げて取り付ける作業などが公開された。完成は2020年3月を目指す。

■電車での人身事故想定訓練 (18-06-21)

電車の人身事故を想定した訓練が20日、JR宇都宮駅で行われた。駅の職員や県警など107人が参加した。訓練は踏切で女性と電車が衝突した設定。運転士は事故発生を無線で報告した後、けが人の状態を確認した。そして消防などが駆けつけけが人を救助した後、事故現場の安全を確保し、運転再開までの流れを確認した。
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • ゴルフここだけ
  • とちテレSHOP
  • とちぎテレビサービス
  • SOUND30