とちテレニュースカレンダー

2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■おもちゃ博物館が営業を再開(20-07-15)

新型コロナウイルスの影響で休館していた壬生町のおもちゃ博物館が15日、4ヵ月半ぶりに営業を再開した。おもちゃ博物館は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い2月下旬から休館を続けていた。今回、団体客は受け入れず、入場制限を行った上で検温のほか、利用の制限も実施する。密集を避けるためおもちゃの数も減らし、使用後はスタッフが消毒を行うともに利用者自身にもこまめに手の消毒をしてもらうという。

■旅行気分味わって 45分で栃木一周 県立美術館(20-07-14)

栃木県の魅力を短時間で知ってもらおうと県立美術館で企画展「45分で栃木一周」が開かれている。小杉 放菴や海老原 友忠など栃木ゆかりの作家が県内各地の風景を描いた絵画や写真など約120点を展示。東西南北、栃木の四季折々の自然や文化、歴史に触れることができる。企画展は9月22日まで開催。

■ホーム初の有観客 対策を公開 栃木SC(20-07-14)

サッカーJ2の栃木SCは15日ホームの県グリーンスタジアムで今シーズン初めて観客を入れてゲームを行う。新型コロナウイルスの観戦防止対策に万全を期すため運営スタッフは連日厳しい確認作業を行っていている。Jリーグは前節から観客を入れて試合を行っているが7月は「超厳戒態勢時」として強い制限を加えた。観客への対応として入場制限やゲートでの検温、ゴール裏では声を出したり指笛での応援を禁止。ハイタッチや肩組みもなども禁止する。運営側は文字通り「超厳戒態勢」でゲーム運営を行っていく。

■新たに5人 県内感染103人に(20-07-14)

5人は小山市で感染が確認されている40代女性(94例目)の長男の知人と同僚4人。全員が小山市在住。長男の知人は20代男性。7月4日に長男のアパートで過ごしていた。同僚4人は50代から60代の女性。茨城県の製造工場に勤務し、7月7日から10日かけて送迎車で94例目の女性と同乗していた。県内での感染確認は103人となった。

■新人顧問 登山のノウハウ学ぶ(20-07-13)

 

■カルタで未来描く(20-07-13)

■新型コロナ 県内感染者98人(20-07-13)

 

■宇都宮市議会倫理委員会(20-07-13)

■2人の陽性を確認 県内では計95人に(20-07-12)

県は12日、新たに2人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。県内での陽性者は計95人。今回の2人は11日に茨城県で陽性判明した小山市の女子中学生の母親(40代)と妹(10歳未満)。母親は女子中学生の医療機関受診を2回付き添い、女子中学生の陽性確認後、12日にPCR検査を行って陽性が確認された。現在の症状は咳のみという。妹は11日発熱があり、12日PCR検査を行って陽性判明。現在症状はない。そのほか濃厚接触者の父親は陰性を確認した。姉妹が通う中学校と小学校は12日と13日、臨時休校するという。

■コウノトリのヒナ 性別など調査(20-07-12)

小山市の渡良瀬遊水地で、東日本初となる野外誕生のコウノトリのヒナ2羽の調査が12日、行われた。ヒナはオスの「ひかる」とメスの「歌」の間に5月30日誕生。この日小山市やコウノトリの野生復帰に取り組む団体の合同チームが、個体識別の足環をはめる作業や性別を調べるための血液採取を行った。母親の「歌」がヒナのもとをなかなか離れず、クレーン車によるヒナの保護に時間がかかったが約40分で調査は終了。約400メートル離れた堤防から見守っていた人たちから安堵の拍手が起こった。ヒナは2羽とも体重は4キロを超え、性別は10日ほどで判明するという。
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • イブ6プラス
  • とちテレ公式YouTube
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • とちテレSHOP