とちテレニュースカレンダー

2020年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■年内最後の会見 今年の1文字は(19-12-25)

福田富一知事が25日、今年最後の定例の会見を開き、この1年を振り返って今年の一文字を「始」と発表した。皇位継承の重要祭祀大嘗祭の斎田に高根沢町の水田が選ばれたことによるブランド力向上への弾みや台風19号を受けて防災減災に向けたハザードマップ見直しなどが理由。このほか会見では来年の「いちご王国・栃木」の日の記念イベントを夕方行うと発表した。来年1月15日の午後3時から6時まで県庁で開催する。

■CSF(豚コレラ)対策の研修会(19-12-25)

CSF(豚コレラ)が県内に侵入するのを防ぐため、1月から県内各地で感染経路となりうる野生のイノシシを対象とした経口ワクチンの散布が行われるが、宇都宮市で25日、そのための研修会が開かれた。ワクチンの散布は、野生のイノシシが散布場所に餌を探しにくるよう誘導する「餌付け」からワクチンの「回収」までの手順に分かれているが、これらを1か月半で完了する必要がある。研修ではそのための実施体制などを確認した。また実習ではダミーのワクチンを餌と一緒に地面に掘った穴に入れる方法などを学んだ。ワクチンの散布は足利市や野木町など県境の自治体を対象に、1月8日から行われる。

■被災した小学校 別の場所で終業式(19-12-25)

台風19号の影響で校舎が浸水の被害にあった鹿沼市の清洲第一小学校で終業式が行われた。式は児童たちが現在通う粟野中学校の3階。台風で近くの思川が氾濫し校舎が浸水したため、約4キロ離れた場所にある粟野中学校で授業を行っている。鹿沼市によると、清洲第一小学校の校舎は12月になりようやく電気が通り損傷部分の確認を行っている所だというが、現在復旧のめどはたっていない。

■鹿沼・ひき逃げ死亡事故 判決公判(19-12-24)

今年8月、鹿沼市で乗用車が街路樹に衝突し男性2人が死亡した事故で、ひき逃げや道路運送車両法違反などの罪に問われた宇都宮市海道町の会社員、大橋強史被告50歳の判決公判が24日、宇都宮地方裁判所で開かれ、岡田健彦裁判官は「炎上するほどの状況でその場から逃走するなど交通法規を無視した態度は身勝手はなはだしい。違反を隠そうとしていて刑事責任は重い」として懲役1年2ヵ月の判決を言い渡した。

■【台風19号】県災害対策本部会議と避難指示など一部解除(19-12-24)

県は24日、台風19号の10回目の災害対策本部会議を開き、生活に身近な場所にある仮置き場の災害ごみの撤去を年内に完了する見通しが示された。県内に36カ所ある災害ごみの仮置き場のうち、住宅地など生活に身近な場所にある仮置き場は栃木市と鹿沼市、那須烏山市に合わせて13カ所あり年内に撤去が完了する見通し。24日は栃木市の避難指示と佐野市の避難勧告の解除が発表された。

■【台風19号】「コープ」の生協が県に1億円の義援金(19-12-24)

台風19号からの復旧、復興に役立ててもらおうと「コープ」を展開する日本生活協同組合連合会などが24日、県に義援金1億円を贈った。全国の生協で組織する日本生活協同組合連合会と関東信越の生協を展開するコープデリ生活協同組合連合会は、台風19号の被害を受けて総額で5億円余りの義援金を集め、被災した都県に寄付している。栃木県には、合わせて約1億円が寄付された。

■動物園に本物のサンタ 那須(19-12-23)

那須どうぶつ王国に「フィンランド・サンタクロース財団」公認のサンタクロースがやってきた。園で飼育するメスのトナカイ・グラッセちゃんと一緒に撮影会を行った。子どもたちにはプレゼントの代わりに良い子の証明書が配られた。訪れた人たちは本物のサンタクロースとトナカイとの触れ合いを満喫した。

■日光を「囲碁の聖地に」 協議会発足(19-12-23)

「日光の社寺」世界遺産登録20周年記念事業として二社一寺のほか観光業者などにより囲碁の聖地日光協議会が発足した。聖地とする理由は1.日光東照宮陽明門に文人が囲碁をしている様子の彫刻がある2.徳川家康が囲碁を打つ家臣に褒美を与え、それが現在のプロ棋士の先駆けとなったとされているため。発足式には福田知事や大嶋日光市長、二社一寺の代表などが出席し高らかに「囲碁の聖地日光」を宣言した。今後、日光東照宮の客殿などで対局イベントも予定している。

■台風被害の施設に佐野ラーメンを(19-12-23)

台風19号で甚大な被害を受けた佐野市で、被災者に元気になってもらおうと、まちづくりを考える民間団体・新佐野市未来研究会から市の社会福祉協議会に佐野ラーメンが贈られた。研究会はもともと生活に困っている人たちのために、毎年贈っていて、今回は台風19号で被災した人たちにも行き届くようにと、ラーメンの数を500食増やし1500食を用意した。浸水被害のあった障害者福祉施設のとちのみ会や老人福祉施設などに配られる。
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • イブ6プラス
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 2020年度「中高生モニター」募集のお知らせ