×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

殺人未遂事件の初公判 男が起訴内容を一部否認

去年7月、栃木市の居酒屋で拳銃を発砲して当時46歳の胸を撃ち、治療に約3カ月間の大けがをさせたとする事件の裁判員裁判の初公判が27日、宇都宮地方裁判所で開かれ、殺人未遂などの罪に問われた指定暴力団住吉会系の当時の組長、大澤康博被告58歳は「殺意はなかった」と起訴内容について一部否認した。合わせて審理される犯人蔵匿、犯人隠避の罪については起訴内容を認めた。