×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

県内の大規模盛り土396ヵ所 国・市町と連携し対応 

 静岡県熱海市で土石流の被害が発生したことを受け、県は5日から9日にかけて県内45カ所で緊急点検を行ったが、土砂の流出の恐れのある箇所は確認されなかった。しかし、10日の大雨で点検の対象外の佐野市の太陽光発電の設置箇所で排水設備が壊れて下流の住宅2棟で床下浸水の被害があったという。県によると県内では宅地造成等のための大規模な盛り土の現場が396ヵ所あり、毎年自治体で安全性を確認している。今後、国も点検作業を行う予定で県では市や町と連携して取り組んでいく方針。