とちテレニュースカレンダー

2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年03月26日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■爆発装置処理隊を新たに編成 陸自中央即応連隊(19-03-26)

新しく編成された中央即応連隊の爆発装置処理隊は海外の日本人を守る活動をスムーズに行えるよう約30人の隊員が所属し不発弾の処理などにあたる。この処理隊の隊長として久古啓二 爆発装置処理隊長が就任した。久古隊長は「不発弾の処理など自らの命を危険にさらす覚悟。部隊の早期戦力発揮のため尽力する」とあいさつした。

■福田知事「犠牲者の死 無駄にしない」(19-03-26)

福田富一知事は定例の会見で、雪崩の追悼式が県側と遺族側で別々に開かれることについて「犠牲者の死を無駄にしない意識を高める追悼の場にしたい」と述べ、改めて再発防止を誓った。そのほか、遺族らも参加する高校生の安全登山を考える新しい組織については新年度の早い時期に設置し、必要であれば福田知事も出席する意向を示した。

また、会見でじゃ2018年11月に発表されたイチゴの新品種「栃木i37号」が栽培試験やテストマーケティングの結果高評価を得たため、販売拡大を目指す品種に決定したことが説明された。

■遺族が追悼式 再発防止訴える(19-03-26)

那須町で登山講習中だった大田原高校の生徒と教諭8人が亡くなった雪崩事故から2年を前に、事故現場近くの展望台で、遺族らが独自で追悼の式典を行い亡くなった8人を悼み改めて再発防止を訴えた。追悼の式典には遺族と被害者の7家族と弁護団の計25人が出席。発生日の27日には県などが主催する追悼式典が行われるが、遺族は「今はまだ一緒に追悼する気持ちになれない」と独自で行うことに。遺族らは、事故現場となった斜面を見つめながら涙を流し、献花台に花を手向けた。
  • とちテレゴルフ
  • visual
  • 陽春の日光めぐり
  • バスケットLIVE 栃木ブレックス
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレSHOP