とちテレニュースカレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年04月01日(月)のニュース

ニュース動画一覧

■新元号は「令和(れいわ)」(19-04-01)

政府は1日、平成に代わる新たな元号「令和(れいわ)」を発表した。出典は万葉集からで、中国ではなく日本の古典から採用されたのは確認される限り初めて。皇位継承前に新元号が公表されるのも憲政史上初となった。日本の元号は645年に「大化」が定められたのが最初でその後、空白期間や異なる元号の並立などもあったがこれまで247の元号があり令和は248番目。新元号は現在の皇太子さまが新しい天皇に即位する来月1日午前0時に施行される。

■史跡足利学校で元号の出典を大捜索(19-04-01)

平成や昭和などの元号の出典元となった中国の古典を所蔵している史跡足利学校では職員たちが新元号の発表に注目。発表された新元号「令和」は日本の古典である万葉集からの出典で、職員たちが約1万7千冊の書物の中から江戸時代に出版された万葉集を探し出した。これは足利市ゆかりの画家、田崎草雲にちなんだ品で足利学校に寄贈されたものだという。この「令和」の文字が記された万葉集は、6日土曜日から来月26日まで史跡足利学校で特別展示される。

■平成最後の入社式・入行式(19-04-01)

県内各地で1日、平成最後となる入社式が行われた。足利銀行は茨城県の常陽銀行と経営統合して「めぶきフィナンシャルグループ」の傘下になってから3回目の入行式を迎えた。式には今年度採用された152人の新入行員が緊張した面持ちで臨んだ。松下正直頭取は「元号が変わる記念すべき節目の年。新しい地域金融フィールドで若い力を存分に発揮してほしい」と激励した。一方、栃木銀行では110人が入行した。新入行員が100人を超えるのは3年連続。挨拶に立った黒本淳之介頭取は「チャレンジ精神のある銀行員になって欲しい」と期待を寄せた。

■平成最後の入社式(19-04-01)

県内各地で1日、平成最後となる入社式が行われた。足利銀行は茨城県の常陽銀行と経営統合して「めぶきフィナンシャルグループ」の傘下になってから3回目の入行式を迎えた。式には今年度採用された152人の新入行員が緊張した面持ちで臨んだ。松下正直頭取は「元号が変わる記念すべき節目の年。新しい地域金融フィールドで若い力を存分に発揮してほしい」と激励した。一方、栃木銀行では110人が入行した。新入行員が100人を超えるのは3年連続。挨拶に立った黒本淳之介頭取は「チャレンジ精神のある銀行員になって欲しい」と期待を寄せた。
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • 海と日本PROJECT
  • visual
  • スノーボード天国 宇都宮会場
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜