とちテレニュースカレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年03月のニュース

ニュース動画一覧

■原則禁煙で飲食店は 4月1日改正健康増進法施行(20-03-31)

受動喫煙防止を強化するための改正健康増進法が4月1日、全面施行される。原則屋内の施設が禁煙となることを受け、31日、県内の飲食店でも対応を進めている。40年前の開店以来、店の中でも喫煙できる状態で営業をしてきた那須塩原市の飲食店「阿Q」でも1日から灰皿を全て撤去し、禁煙の張り紙を店の外に掲示するという。

■日程決定で選手・関係者は 東京五輪(20-03-31)

新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の「延期」という事態になった東京オリンピックが来年7月23日開幕、東京パラリンピックが来年8月24日開幕と決まり、関係者は仕切り直しの準備に入ることになった。新たな日程が決まったことに関係者からは安堵の声があがった。

■県内新たに2人感染確認 新型コロナ (20-03-31)

県は31日新たに30代(宇都宮市)と50代(県南健康福祉センター管内)の2人の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも12例目の感染者の男性(60代)が受診した医療機関で診察を受けていた。これで県内で感染が確認されたのは14人となった。

■警部補がストーカー疑い 捜査で知り合った女性に(20-03-31)

 栃木県警察本部が捜査をきっかけに知り合った女性に付きまとったとして、ストーカー規制法の疑いで県警捜査一課の30代男性警部補を書類送検していたことが分かった。警部補は減給6ヵ月の懲戒処分を受け、依願退職した。書類送検容疑は今年1月ごろ、既に関係が破綻していた元交際相手の女性宅に押し掛けるなど付きまとい行為をした疑い。捜査関係者によると警部補は既婚者で、数年前から女性と交際していた。調べに対し「話し合いがしたかった」などと話しているという。県警は女性から相談を受けて捜査。3月10日に書類送検した。

■FIBA 7月の3x3「宇都宮マスターズ」延期 (20-03-31)

 FIBA・国際バスケットボール連盟は新型コロナウイルスの影響により7月11日から宇都宮市で行われる予定だった3人制の国際大会「宇都宮マスターズ」を延期する、と発表した。新しい日程は決まっていない。世界各地を転戦する3x3ワールドツアーは今季、開幕から

5つの大会が延期され、8月に開幕する日程に変更された。

■西武今井(作新高出) 開幕ローテへフォーム固め(20-03-31)

 西武の今井達也投手が31日、メットライフドームでの全体練習で2日続けてブルペンに入った。開幕が延期したことで生まれた調整期間を利用してフォーム固めに励んでおり「上半身と下半身のタイミングを合わせられるように。(球数は)少しでいいから毎日やる」と精力的に取り組んでいる。

 昨季はほぼ一年を通じて先発ローテーションを守り、7勝をマークしたが、今春は実戦で制球の乱れが目立つ。「どこかで四球を出したらどうしようとか、そういう気持ちがあって、腕が振れなくなっていた」と分析。フォーム固めと同時に「自信を持って投げるためには練習しかない」と投げ込みに徹する構えだ。

■日光軌道線の車両展示開始(20-03-30)

日光の新たな観光名所としてかつて市民の足として運行していた日光軌道線の路面電車の車両が30日から東武日光駅前に展示されている。1953年から15年間、東武日光駅から神橋などを経て馬返まで運行していた日光軌道線。日光霧降高原チロリン村の山本雄一郎さんが岡山県の岡山電気軌道が所有していたこの車両を発見し2012年に譲り受けた。そして2019年3月日光市に寄贈。お披露目となった。

■とちぎ食肉センター内覧会(20-03-30)

芳賀町に整備された食肉の加工処理施設「とちぎ食肉センター」が1日に本格稼働するのを前に30日、報道関係者に公開された。とちぎ食肉センターは県畜産公社が事業主体となって県内3カ所の食肉センターを統廃合し約133億円をかけて整備。敷地面積は9万7千平方メートル。豚や牛を加工・処理する施設、せりを行う施設などを備えていて将来的には約300人が働く予定。

■新型コロナ県内12例目の感染患者 濃厚接触者23人(20-03-30)

29日に確認された県内で12例目の新型コロナウイルスの感染患者について、濃厚接触者に該当する人が県内外で合わせて23人に上ることが明らかになった。12例目の感染患者は22日から23日にかけて県外で行われた葬儀に参加していたほか、24日から26日にかけて県内にある勤務先の企業に出勤をしていたことがわかった。この期間中に男性と濃厚接触したと思われる人は、葬儀に参加した20人と職場の同僚3人の合わせて23人に上る。

■クライミング、楢崎選手らの五輪出場権は維持(20-03-30)

 国際スポーツクライミング連盟は30日、東京五輪の延期決定に関連し、男子の宇都宮市出身の楢崎智亜選手や女子の野口啓代選手らが獲得した五輪出場権はそのまま維持するとの方針を発表した。国際オリンピック委員会が、既に確定した出場枠は来年の大会まで原則的に維持する考えを示していた。国際連盟は昨年の世界選手権の複合決勝で日本勢2番手に入った男子の原田海と女子の野中生萌も五輪出場権獲得者に含めている。ただ日本協会は2枠目の選出を巡り、国際連盟が出場基準の解釈を途中で変更したことで日本の代表選考基準と食い違いが生じたとして、解釈の変更取り消しなどを求めてスポーツ仲裁裁判所に提訴した。



■東照宮、千人武者行列を中止 新型コロナ感染拡大で(20-03-30)

 日光東照宮は30日、新型コロナウイルスの感染拡大で、5月の春季例大祭で行う恒例行事の「流鏑馬」と「百物揃千人武者行列」を中止すると発表した。日光東照宮によると、流鏑馬は5月17日、武者行列は翌18日の予定だった。神職による祭典神事は非公開で実施する。流鏑馬と武者行列は秋の例大祭でも披露されており、担当者は「感染が終息し、秋には開催できることを願っている」と話した。



■新型コロナ県内12人目の感染者 東京在住60代男性(20-03-29)

県は29日、新たに60代の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。これで県内で感染が確認されたのは12人。感染が新たに確認されたのは、東京都内に住み県内の事業所に勤務する60代の男性。男性は今月23日にせきが出たため医療機関を受診。27日にも38.5度の熱が出たため、PCR検査を行い陽性が確認された。男性は24日から26日まで出勤し県内のホテルに滞在していた。濃厚接触者については調査中。 

■思い出のランドセルをアフガンへ(20-03-29)

使い終えたランドセルをアフガニスタンの子どもたちに贈るため29日、下野市でランドセルを集める活動が行われた。ボランティア団体ハートベリーが行っている活動で今年で10回目。雪の中コミュニティセンター友愛館には、次々とランドセルが持ち込まれ、計177個が寄付された。6月ごろ現地に届けられる。
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • うたの王様 よくあるご質問
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレSHOP