とちテレニュースカレンダー

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年05月のニュース

ニュース動画一覧

■営業再開 おさるさんも「ホッ」(20-05-31)

県内有数の観光地、那須町にある那須ワールドモンキーパークが30日、営業を再開した。4月8日から臨時休業していて再開は約1か月半ぶり。当面は週末と月曜日のみの営業で、7月以降をめどに通常営業を再開したい考え。営業再開にあたって入場時にマスク着用や手の消毒をお願いし、園内の消毒を徹底。また園の売りの一つ「動物との触れ合い」は感染リスクを考慮して、屋内施設での動物との直接の触れ合いは自粛している。しかし目玉の「サルへのえさやり」は柵越しには可能。少しずつ日常の風景が戻ってきている。

■世界遺産日光の社寺 6月1日から拝観再開(20-05-31)

拝観停止中の日光二社一寺(日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社)は、6月1日から拝観が再開される。4月14日以来の拝観再開で、このうち日光東照宮では券売所やお守り授与所などにビニールカーテンを設置。拝観券受け取り場所にはフェイスシールドを装着した警備員がビニール状の囲いから券を確認するなど、万全の対策で臨む。御朱印受け渡しは紙での書き置きのみ、おみくじや手水も当面の間閉鎖となるが、境内が新緑に輝く中、約1か月半ぶりに参拝者を迎える。

■1日から外出自粛さらに緩和 街の声は…(20-05-31)

6月1日から栃木県の外出自粛基準が「ステップ0」から「ステップ1」に移行し緩和される。県民の県をまたぐ移動は原則緩和され、5都道県(東京、埼玉、千葉、神奈川、北海道)に対しては慎重に行うことが条件。学校も1日からは通常登校となる。私たちの活動、行動範囲が確実に変わり、引き続き感染防止対策と慎重な行動は重要だ。31日の宇都宮市・オリオン通りも人出がさらに戻り、JR宇都宮駅前には旅行用キャリーバックを引いている人も見かけるようになった。街行く人からは「1日から生活リズムを取り戻せるか不安」「1人1人の節度を持った心がけがこれからも必要」といった声が聞かれた。人の移動が増えて活気が出る半面、第2波への不安も聞かれ、「しばらく県またぎの移動は控える」という意見もあった。

■那須サファリパーク 営業再開(20-05-30)

全国で緊急事態宣言が解除されて初めての週末を迎え4月から休業していた那須サファリパークが30日、営業を再開した。スタッフ全員がマスクを着用。園内周遊用のレンタカーは利用するたびに1台1台丁寧にアルコール消毒が行われる。来場客同士の接触を防ぐため当面の間バスの運行は休止しマイカーとレンタカーでの利用に限定する。

■パトカーから逃げた軽トラックが事故 (20-05-30)

20日午後10時半ごろ、栃木市大宮町の県道で、パトカーの追跡から逃げた軽トラックが縁石に乗り上げて横転し民家の塀に衝突した。県警の機動捜査隊が現場から1キロほど離れた場所でふらついて運転していた軽トラックを発見。呼び止めたところ急発進したという。警察は呼び掛けた直後に車を見失っていて事故については「適正な職務執行だった」としている。栃木警察署は運転していた下野市国分寺の54歳の会社員を無免許運転の疑いで逮捕した。

■渡良瀬遊水地コウノトリ交流館オープン(20-05-30)

2012年にラムサール条約に登録された渡良瀬遊水地や生息するコウノトリについて情報を発信する交流館が30日、小山市にオープンした。渡良瀬遊水地にほど近い下生井地区の民家を小山市が借り受け改修した。地方創生拠点整備交付金を活用し総事業費は約8100万円。母屋には渡良瀬遊水地やコウノトリの写真が展示してあり観光の合間の休憩所としても利用できる。納屋は体験学習などのための作業スペースや倉庫として活用される。

■サッカーJ2リーグ再開は6月27日(20-05-29)

 サッカーJリーグは29日のオンラインによるクラブ代表者の臨時実行委員会で2月中旬から中断しているJ2リーグの再開日を6月27日にすると発表した。Jリーグによるとリーグ再開直後は観客を入れずに試合を行い、その後の状況を見極めて観客を入れる方針。対戦カードはすべて組み直し、近隣のクラブとの対戦を優先的に行うことにしている。試合日程や対戦カードは6月15日に発表する予定。

■4月の県内有効求人倍率1.15倍(20-05-29)

 栃木労働局は29日、県内の4月の雇用情勢を発表した。『新型コロナウイルスの影響を受けて弱い動きが続いている』としている。先月の県内の有効求人倍率は1.15倍で前の年の同じ月に比べて0.26ポイント減少した。特徴として全国的に『求人』が大幅に減少していて県内でも先月の新規求人数が「1万413人」と前の年の同じ時期に比べ3割近くマイナスとなった。新規求人数の減少は4カ月連続で業種別にはキャンセルが相次いだ「宿泊業など」で6割、スポーツクラブや美容室など「生活関連サービス業」や取引先が休業し注文が減った「卸売業」で4割、製造業が3割などとなっている。一方でアルコール消毒液やPCR検査キットの製造に関わる化学工業では求人が増える動きもあった。

■とちぎスポーツ医科学センター開所(20-05-29)

 とちぎ国体や東京オリンピックなど競技力の向上に注目が集まる中、県内のアスリートの育成を科学的な角度から応援する「とちぎスポーツ医科学センター」がカンセキスタジアムとちぎに29日オープンした。センターでは持久力や握力など基礎的な測定から栄養相談、リハビリ指導などを一貫して行い栃木のトップアスリートを育成する。開所式には福田富一知事などが出席し、センターの名前が書かれた看板を設置してオープンを祝った。2年後に予定されるとちぎ国体に向け栃木県の代表候補となる選手が使う予定で、事前に予約すれば一般の県民も有料で使える。

■さる軍団 営業再開(20-05-29)

 

■高校野球 県独自の代替試合開催へ(20-05-28)

夏の甲子園とその地方大会が中止になったことを受け県高校野球連盟は代わりとなる県独自の試合を開催することを決めた。日程は7月18日から8月2日までの土日と祝日の8日間で無観客を基本とする。1日の試合数、ベンチ入りの人数など、詳しい規定については運営委員会までに決定する。今後 加盟する61校に出場するかどうかを聞き取り、参加校の数によっては、トーナメント方式ではなく別の方法も検討する。

■ツインリンクもてぎ営業再開(20-05-28)

全国で緊急事態宣言が解除され、さまざまな施設で営業が再開されている。茂木町のツインリンクもてぎも28日から部分的に営業を再開している。入場ゲートでは自家用車で訪れた客がマスクをしているか確認し、体温の測定とアルコール消毒を行う。園内でも従業員による乗り物の消毒や人同士の距離を一定に保つなど、来場者が安心して楽しめるよう対策を徹底している。

■元銀行員を業務上横領で逮捕(20-05-28)

顧客だった男性の口座から現金300万円を横領したとして県警察本部などは28日、元銀行員の29歳の男を逮捕した。警察の調べによると男は東邦銀行宇都宮支店に勤務していた去年5月、顧客だった男性に頼まれ口座から払い戻した現金300万円を横領した疑いが持たれている。男は警察の調べに対し「横領した金はギャンブルにつぎ込んだり借金返済に充てていた」と供述していて、警察では同様に8件の法人と個人の口座から約2,800万円を横領した疑いがあるとみて詳しく調べている。

■車の製造技術生かし医療用品(20-05-28)

 
  • 佐藤の会
  • とちテレゴルフ
  • うたの王様 よくあるご質問
  • とちテレ公式YouTube
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 海と日本PROJECT