とちテレニュースカレンダー

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年05月27日(水)のニュース

ニュース動画一覧

■宇都宮餃子会にサーマルカメラ (20-05-27)

 宇都宮餃子会が運営する「来らっせ本店」では土日の営業を自粛し平日も営業時間を短縮、宅配サービスを始めるなどコロナ禍で営業を行ってきました。6月から土日の営業を再開するのを前に27日、店の入り口に体温を計測できる「サーマルカメラ」を設置。カメラの前に立った人の顔を認識して皮膚の表面の温度を特殊なセンサーで計測する仕組みで、体温が一定の基準を超えると警告音で客と店員に知らせる。来らっせでは入店を希望する全ての客にセンサーで測定し、37.5度を超えた場合は再度体温を計測、それでも熱が高い場合は入店を断ることにしている。国が「新しい生活様式」を提唱する中、この設備を通して、感染予防対策と、店の営業を両立する新しい店舗経営を模索している。

■真岡鐵道 県へ支援要望(20-05-27)

 新型コロナウイルスの影響で経営が悪化している真岡鐵道の援助を求めて沿線の6市町の首長が26日、福田富一知事に要望書を提出した。真岡鐵道は新型コロナウイルスの影響による学校の休校や益子の春の陶器市の中止などによる観光客の激減が大きく影響し今年3月から5月中旬までの収入が前年同期比で70%落ち込んだ。中でも運輸収入の4割を占める高校生の定期券の購入が75%減となっていて、このままの状態が続くと今年8月には運営資金が枯渇する見通し。このため市長や町長らは今年度の不足額1億3千万円のうち県が保有する株の割合に応じた約5,400万円の援助を求めている。

■重要水防箇所点検(20-05-27)

 川が増水しやすい出水期を前に浸水被害を未然に防ごうと県の土木事務所などは27日、去年の東日本台風で被害を受けた河川などを点検した。このうち住宅や公共施設など約820棟が浸水の被害を受けた鹿沼市内では鹿沼土木事務所や市の職員など10人が護岸などを重点的に点検した。また、日ごろの河川の警戒活動や去年の台風で避難救助を行った消防団が初めて参加し、情報を共有した。今年度は点検箇所をこれまでの15カ所から44カ所に増やして修繕した箇所や河川の土砂を取り除く工事の進捗状況などを確認していく。

■岩下の新生姜ミュージアム再開(20-05-27)

 
  • 2020日本の祭り
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレSHOP
  • やいた大好き
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • イブ6プラス