とちテレニュースカレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年08月04日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■新たに5人感染確認 計207人に(20-08-04)

4日、県は3人、宇都宮市は2人の新型コロナウイルス感染を発表した。累計では207人。県発表分1人目は足利市の男性(20代)。群馬県で7月31日に陽性確認の知人の濃厚接触者。7月26日に群馬県内の職場である飲食店に出勤している。県発表の残る2人は真岡市の40代夫婦で、夫が7月27日から福島県に同僚1人と1泊2日で出張。29日に真岡市内の職場に出勤している。妻は夫から感染したとみられる。宇都宮市発表の1人目は男性(40代)。7月28日に感染判明の県内169人目の男性(40代)の接触者で、23日に2時間程度男性と話をしていた。市発表のもう一人は男性(40代)。7月27日に県外の事業所に勤務し、その後市内の事業所で同僚3人と事務作業。28日には20人前後が参加した県外の説明会に出席していた。

■ブレックス 新シーズン始動(20-08-04)

プロバスケットボールBリーグの宇都宮ブレックスが4日、10月のシーズン開幕に向けて始動した。新型コロナウイルス感染拡大で3月27日に昨季リーグ戦が途中中止となって以降約4カ月ぶりのチームの全体練習で、来日できてないライアン・ロシター選手と外国籍選手3人を除く8人で軽めのメニューを1時間半こなした。Bリーグは観客をどの程度入れて試合を行うかなどの詳細を今月半ばに発表する見通し。ブレックスは来月中ごろにプレシーズンマッチ、10月3日ホームで琉球と開幕戦を戦う予定で、昨季は好調を維持しながらも不完全燃焼に終わっているだけに新シーズンでうっぷんを晴らしたいと意気込んでいる。

■来春の県立高入試 感染者などは別の日に試験(20-08-04)

県教育委員会は4日、来春の県立高校入学試験の志願者が新型コロナウイルスに感染しても、受験機会を確保できるよう別の日に試験を行うと発表した。感染、または濃厚接触者の出願者などを対象に、一般入試の2週間後(全日制は3月22日、定時制は4月2日)に試験を行う。通信制は面接のみのため3月下旬以降の見通し。全日制、定時制ともに一般入試同様に5教科で試験を行い、定時制は面接も実施。試験内容の詳細などは後日、公表するとしている。特別支援学校は、宇都宮青葉高等学園では2月22日に試験や作業能力検査を実施。ほかの特別支援学校の高等部は調査書などによる選抜を行う。

■知事「お盆期間中は行動慎重に」(20-08-04)

福田富一知事は4日の臨時記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で迎えるお盆期間中、県をまたいだ移動自粛は求めないものの、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため大人数や長時間の宴会の自粛を求めた。おおむね10人以上を「大人数」としているが、可能な限り少ない人数で2時間以内に留めるなど、慎重に行動するよう訴えている。帰省に関しては、体調が悪い場合は帰省を控えるよう家族でよく話し合うことや、高齢者など感染リスクが高い人がいる家庭の帰省では受け入れに十分配慮するよう求めた。福田知事は、警戒度レベルは「感染拡大注意」を維持するとしながらも、感染拡大が続く県内の状況を「第2波」と認識していると述べ、「ふるさとや家族を思う気持ちを考え帰省の自粛は要請しないが、最大限の注意を払ってほしい」と話した。

■女子硬式野球 交流戦が開幕(20-08-04)

 
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • とちテレSHOP
  • はじめてばこ
  • 2020日本の祭り
  • 島守の塔
  • チラシビジョン