とちテレニュースカレンダー

2021年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年02月23日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■【午後9時現在】避難勧告追加(本城1丁目)足利山林火災(21-02-23)

足利市の山林火災で、市は新たに本城1丁目の18世帯に対して午後8時、避難勧告を出した。避難場所は第2中学校で午後9時時点で2世帯5人が避難している。このほか第1中学校北側・西側(約40世帯)と西渓園の南西(14世帯)に避難勧告が出ていて、避難所のさいこうふれあいセンターには午後9時時点で14世帯29人が避難している。けが人、住宅被害は確認されていない。市の災害対策本部によると、火の勢いは衰えていないが、住宅地に迫っている状況ではないという。しかし現場付近は風が吹いているため「予断を許さない状況だ」と話している。

■【午後8時現在】8世帯18人が避難 足利山林火災(21-02-23)

足利市の山林火災は23日の消火活動を日没に伴って終了した。24日も日の出から再開する。市は第1中学校北側・西側の約40世帯と西渓園の南西にある14世帯に避難勧告を出し、避難所のさいこうふれあいセンターには午後6時時点で8世帯18人が避難している。けが人、住宅被害は確認されていない。

■【午後5時発表】足利山林火災で避難勧告追加(21-02-23)

足利市の山林火災で、市は午後5時に西宮町の西渓園南西に隣接する14世帯に対し避難勧告を出した。避難所はさいこうふれあいセンター。すでに第1中学校北側、西側の約40世帯には避難勧告が出ている。午後3時現在、3世帯4人が避難している。

■【午後3時15分現在】足利山林火災 ヘリ散水再開(21-02-23)

足利市の山林火災で、強風により中断されていた自衛隊ヘリによる散水が午後3時15分に再開した。



☆山林火災のニュースは、とちぎテレビのホームページ、データ放送、とちテレアプリで随時お伝えします。

■【午後3時発表】足利の山林火災で避難勧告(21-02-23)

足利市西宮町の山林火災で、市は23日午後3時に第一中学校北側および西側の約40世帯の住民に避難勧告を出した。避難所はさいこうふれあいセンター。山林火災は折からの強風で鎮圧の見通しが立っておらず約10ヘクタールが燃えた。けが人、住宅への被害は確認されていない。すでに1世帯2人が22日から自主避難している。

■【23日午前11時現在】足利市の山林火災延焼中(21-02-23)

21日午後に足利市西宮町で発生した山林火災は、3日たった23日午前も鎮圧の見込みは立っていない。消防や自衛隊が引き続き消火活動を行っている。県消防防災課や足利市災害対策本部によると、1世帯2人が足利市さいこうふれあいセンターに避難している。23日は県の防災ヘリのほか、自衛隊ヘリによる消火活動が朝から再開。足利市消防本部や消防団の消防車が地上から消火活動を行っている。これまで山林約10ヘクタールが燃えており延焼中という。けが人、住宅への被害は確認されていない。

■新たに11人感染 宇都宮は2日続けて0人(21-02-23)

新型コロナウイルスについて、県は23日、新たに11人の感染を確認したと発表した。宇都宮市は2日続けてゼロ。感染が確認されたのは、栃木市、小山市、佐野市、壬生町などの10歳未満から90代までの男女11人。このうち9人は10歳未満の姉妹などこれまでに陽性が判明した人の家族や同僚など。県内の感染者は累計で4,048人となった。療養者は173人、うち重症者8人、入院調整中10人。関東近県では埼玉県で5人死亡105人感染、茨城県で16人感染、群馬県で21人の感染を発表した。

■県内各地で営業再開 水族館にも笑顔戻る 大田原(21-02-23)

県独自の警戒度が21日から上から2番目の「感染厳重注意」に引き下げられ、県内のさまざまな施設で営業再開の動きがみられる中、大田原市のなかがわ水遊園は、23日から、感染症対策を徹底して水族館の開館を再開した。午前中だけで例年より多い約900人が訪れ、館内には1カ月ぶりに子どもたちの笑顔が戻った。なかがわ水遊園では休館中、飼育員が撮影した生き物の写真や動画をSNSに投稿し水族館の魅力を発信し続けてきた。客からは、開館を待ち望み、施設を応援する声が届いたという。23日から新たに3つの特別展示がスタート。3月5日からは春の企画展が始まる予定。

■ワクチン集団接種に向けて 足利でシミュレーション(21-02-23)

65歳以上の高齢者を対象に4月から始まる予定の新型コロナワクチンの接種をスムーズに行うため、足利市で23日、演習が行われた。演習は実際の会場となる足利市の東幸楽荘を使い、市の職員や医師会のほか、実際に4月から接種の対象となる65歳以上の高齢者など合わせて約130人が参加。受付から接種までの導線や会場が密にならないかなど、実際の接種の流れを確認した。結果、参加した高齢者54人全てが受付してから接種するまでに60分かかった。市は90分間で200人の接種を目指す方針。

■時短要請解除 初日の夜は(21-02-23)

  • とちテレ番組ガイド
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • うたの王様 よくあるご質問
  • 島守の塔
  • チラシビジョン