とちテレニュースカレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年10月のニュース

ニュース動画一覧

■味はいかが? 栃木のチップス 今年は「いもフライ」風味(18-10-04)

大手食品メーカー「カルビー」は去年から47都道府県ごとに地元ならではの味を再現したポテトチップスを発売しているが、今年も新たなフレーバーが登場する。栃木から選ばれたのは「いもフライ」味。甘いフルーツソースにつけて食べる、おやつにもおかずにもなる佐野のご当地グルメだ。フルーティーな味わいを再現するため、リンゴの量を調整するなど20回もの試作を重ねたという。発売は29日。

■廃校の校舎から優しさ届けます! 弁当宅配スタート・鹿沼(18-10-04)

鹿沼市の西大芦地区で、地元の自治会などでつくる西大芦地区ふるさとづくり協議会が、閉校した小学校を利用した高齢者向けの弁当宅配サービスを4日から始めた。この日は学校の調理場にスタッフ7人が集まり、高齢者などに向けた93人分の弁当を作った。弁当は地元で採れたコメやカボチャ、にんじんが使われている。今年度は毎週木曜日に弁当の宅配を行い、来年度は農村レストランや農産物直売所の運営を考えているという。

■とちおとめ早くも初出荷&スカイベリー染めの着物も…(18-10-04)

JAかみつがで小曽根正雄さんが育てた「とちおとめ」が4日、県内で最も早い出荷を迎えた。100パックが出荷され、例年より1週間早いという。猛暑の影響で小ぶりとなったがハウスの温度管理に気を配り、おいしく育った。また、とちぎ未来大使で着物デザイナーの冨田伸明さんが、去年に続きスカイベリーで染めた着物の完成報告のため福田富一知事を訪問。小山市産の結城紬を15キロのスカイベリーを使ってハスの花模様に染めた。

■月夜に合わせて 児童が「ぼうじぼ」作り(18-10-03)

宇都宮市の上河内中央小学校で3日児童たちが藁でっぽうを使った伝統行事「ぼうじぼ」に挑戦した。県の北部を中心に伝わる「ぼうじぼ」は、十五夜や十三夜の夜に歌を歌いながら藁でっぽうで地面を打ち鳴らして収穫への感謝や五穀豊穣を願うものだ。今回は5年生約50人が参加。児童たちは地域の人たちの指導を受けながら縄で棒状に結わえ、わっかの持ち手を付けていく。慣れない作業で苦戦する場面も見られたが体験を通じて地域の伝統的な催しに理解を深めていた。

■犬が寄り添う…認知症カフェ 鹿沼にオープン(18-10-03)

犬と触れ合える鹿沼市のカフェで新たに認知症患者とその家族に犬で癒やしを感じてもらおうという取り組みが2日始まった。鹿沼市日吉町にある「いぬかふぇ まいら」は訓練を受けた動物と一緒に高齢者施設や医療機関を訪問活動を行っているNPO法人とちぎアニマルセラピー協会が運営。認知症の患者とその家族のための食事メニューを毎月1回提供することになった。メニューは高齢者でも食べやすいように魚の骨を取った料理などが準備される。この取り組みは毎月第1火曜日に開催。

■ADVANCE!栃木ブレックスが必勝祈願(18-10-03)

バスケットボールBリーグの栃木ブレックスが今シーズンの開幕を前に選手やスタッフなど約40人が3日宇都宮二荒山神社で必勝祈願を行った。昨シーズン、2年連続の日本一は逃したものの後半戦、東地区の最下位から追い上げチャンピオンシップ進出。先日行われたアーリーカップ関東では準優勝し、今シーズンの前哨戦で好成績を残している。チームは「前に進む」ことを意味する「ADVANCE」をスローガンに今週6日、アウェーでライジングゼファー福岡との初戦に臨む。

■下期スタート 県内の銀行でも内定式(18-10-02)

県内の金融機関で2日、来年の春に入行する学生の内定式が行われた。足利銀行では今年、高校から大学院の卒業予定者など合わせ156人に内定を出した。エントリーシートを提出したのは約1800人とここ5年ほど倍率が10倍を超えているが、前年よりも減少しているという。これを受け足利銀行では、今年から冬に行っていたインターンシップを夏にも開き学生へのPRを強化している。また栃木銀行では高校生から大学生まで合わせて116人に内定を出した。栃木銀行の人事部によると、今年は大手企業を中心に積極採用の傾向が続き東京の企業の内定率も高いなか、地元に貢献したいという入行予定者が多いという。

■「徳川デザイン」のコカ・コーラボトルが発売(18-10-02)

1日に販売が開始された徳川家の家紋がデザインされたコカ・コーラボトルが、福田富一知事に贈呈された。コカ・コーラはこれまで、全国各地の観光名所などをデザインした地域限定ボトルを合わせて21種類販売しているが、今年が江戸城の開城から150年という節目であることからこのデザインボトルの販売が決まった。ボトルを受け取った福田知事は、「このボトルによって、日光だけでなく県内全体が盛り上がってほしい」と期待を述べた。このボトルは日光市を中心に、東日本の徳川家とゆかりのある土地の土産物店やスーパーなどで購入できる。

■小山高校が創立100周年記念品に益子焼 火入れ式行う(18-10-02)

創立100周年を迎える小山高校が、生徒などに贈る記念品として製作している益子焼の火入れ式が2日行われた。製作を手がけているのは人間国宝の故濱田庄司の孫で陶芸家の濱田友緒さん。小山高校はこれまでに約2万4千人の卒業生を送り出しており、先人が築いてきた歴史と益子焼の伝統を重ね合わせ、濱田さんに記念品の製作を依頼した。記念品は来月9日に小山市の文化センターで開かれる創立100周年の式典で、功績のあったOBのほか在校生などに贈られる。

■台風24号関連まとめ 自治体や学校など(18-10-01)

【大田原市】

15時に自主避難場所を地区公民館などに設置

→大田原東・大田原西・金田北・金田南・親園・野崎・佐久山・湯津上・黒羽川西・両郷、および旧須佐木小学校

【那須町】

午後4時に災害警戒本部を設置。また自主避難所を4ヵ所設置

→那須町文化センター、高原公民館、芦野基幹集落センター、伊王野基幹集落センター

【那須塩原市】

18時以降に災害本部を設置

【益子町】

町の総合体育館に避難所開設



◇公立小中学校で2時間遅れ

大田原市、佐野市、那須烏山市、那須町、那珂川町



◇公立小中学校で1時間遅れ

市貝町、矢板市

■台風24号関連 宇都宮地方気象台(18-10-01)

 宇都宮地方気象台によりますと県内では日光、那須、鹿沼の山沿いで1時間に最大80ミリの降水量を予想。

 風は日付が変わるころから南風が強まり、最大瞬間風速は35メートルと予想されます。この風の強さは屋根瓦や自転車が吹き飛ばされたり、老木が倒れたりする恐れがあります。不要不急の外出をしないよう呼び掛けています。
  • とちテレゴルフ
  • とちテレSHOP
  • とちテレ公式YouTube
  • ミヤリーの部屋
  • スノーボード天国 宇都宮会場
  • visual