とちテレニュースカレンダー

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年10月のニュース

ニュース動画一覧

■新・栃木市の誕生10周年を祝う(20-10-10)

旧栃木市、大平町、藤岡町、都賀町が合併して新しい栃木市が誕生してから今年で10年となり10日、記念式典が行われた。式典は開催時間を短くし、座席を広くとるなど新型コロナウイルス対策を徹底して行われ、地元選出の県議会議員や自治会関係者など約200人が出席。合併から10年の歩みを映像で振り返ったほか、合併後初めて作られた「市民憲章」が披露された。10周年の記念行事としては「とちぎ秋まつり」の山車(だし)や獅子頭を11日までとちぎ山車会館などで展示することにしている。栃木市は1市3町の合併後、西方町と岩舟町が合併して現在の姿になり、今年8月末の人口は県内3位の約15万8,000人。

■コロナに防災対策110項目の政策発表 知事選 現職・福田氏(20-10-09)

県知事選挙の告示まで3週間を切り、立候補を表明している現職の福田 富一氏(67)が新型コロナウイルス対策など110項目からなる公約を発表した。新型コロナや防災対策、デジタル化の推進など4本の柱とその先を見据えた9つのプロジェクトで構成した公約を説明。新型コロナウイルスの感染防止対策と社会経済活動の両立、そして、去年10月の東日本台風からの復旧・復興を最重要課題にあげていて110項目をまとめた。福田氏は、これまでの市町村重視の県政をさらに細かい地域重視に深化させたいと強調した。県知事選挙を巡っては、元NHK宇都宮放送局長で新人の田野辺 隆男氏(60)も立候補を表明していて本格的な選挙戦に向けて両陣営の動きが活発化してきた。

■コロナ対策など補正予算案成立 一般会計1兆円超え (20-10-09)

県議会は9日、新型コロナ対策中心とする889億円余りの補正予算案など合わせて23議案を可決し閉会した。県は、新型コロナウイルスの対策事業費約740億3千万円を盛り込んだ補正予算案を先月、県議会に提出し、その後の追加補正分と合わせて総額889億6千万円に上る補正予算案を編成した。最終日の9日、採決の結果、共産党を除く全員が賛成し、補正予算案が可決された。これで、補正後の県の一般会計は1兆689億円にのぼり、初めて1兆円を超えることが決まった。

■説明会に2陣営 宇都宮市長選(20-10-09)

 

■不法投棄を防げ 運搬車を調査(20-10-09)

  

■2020知事選 説明会に2陣営(20-10-08)

任期満了に伴い10月29日に告示される県知事選挙を前に、県庁で8日、立候補予定者説明会が開かれた。既に立候補を表明している現職の福田富一氏(67)と、新人で元NHK宇都宮放送局長の田野辺隆男氏(60)の2陣営が出席した。

■コウノトリ「歌」を保護 県施設で治療へ(20-10-08)

渡良瀬遊水地に定着している国の天然記念物のコウノトリの「歌」が9月末、けがをしているのが確認されたことを受け、小山市は8日に保護し、治療のため県の施設に移送したと発表した。保護された「歌」と雄の「ひかる」の間には、今年初めて2羽のひな鳥が生まれ、子育てをしていた。

■ブレックスに新戦力 LJ・ピーク選手入団会見(20-10-08)

バスケットボールBリーグで開幕2連勝を飾り、勢いにのる宇都宮ブレックスに、チーム3人目の外国籍選手として、アメリカ出身のLJ・ピーク選手(24)が加わった。8日、県庁で入団会見が開かれた。ピーク選手は19歳以下のアメリカ代表として、2015年の世界選手権で優勝した実績がある。ポジションはスモールフォワード。身長196cm、体重98kgの体格を生かしたディフェンスやオフェンスが持ち味といい「チームが求めることは何でもやっていきたい」と意気込んだ。

■レッサーパンダの赤ちゃん 一般公開(20-10-08)

7月に生まれたばかりのレッサーパンダのオス2頭の一般公開が、那須どうぶつ王国で始まった。生まれた当時の2頭の体長は約12センチ、体重は150グラムに満たないほどだったが、9月末時点で体長は3倍、体重は10倍に成長した。母親の栄栄と同じスペースで展示されていて、現在は離乳に向けて小さく刻んだリンゴを食べる練習をしている。公開は、平日は午前10時、休日は午前9時から。いずれも午後3時45分まで。

■井川市議が出馬へ 佐野市長選(20-10-08)

 

■直近1週間12人感染 傾向は(20-10-08)

 

■恒例の羽黒山登山走(20-10-07)

ヘリコプターのパイロットを目指す陸上自衛隊航空学校宇都宮校の学生たちが7日、宇都宮市の羽黒山を走って登る恒例の行事「登山走」に臨んだ。1月に入校した21歳から27歳までの学生18人が羽黒山のふもとから山頂の羽黒山神社まで、ほとんどが上り坂となっている4.6キロの山道を20分ほどかけて完走した。

■とちおとめ初出荷(20-10-07)

生産量日本一を誇る「いちご王国栃木」の主力品種「とちおとめ」が、7日、鹿沼市で今シーズン初めて出荷された。7月の長雨と8月の猛暑で苗の管理が難しかったため、少し小ぶりだがハウスの温度管理などを徹底し真っ赤で甘いイチゴに育ったという。初出荷されたとちおとめは8日、東京の大田市場で競りにかけられる。

■全国初の電子図書館 矢板市の小中学校に(20-10-07)

新型コロナウイルスの拡大に伴う新しい学びの提供に対応するため、矢板市では全国に先立って小中学校にインターネットを利用した電子図書館を開設した。矢板市は県内の自治体のトップを切って市内すべての小中学生に1人1台学習用のタブレットを配備。このタブレットを活用した学校での新しい生活様式に対応する取り組みの一環でインターネット上で本を読むことができるクラウド型の電子図書館を開始した。
  • はじめてばこ
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • うたの王様 よくあるご質問
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレ番組ガイド
  • 海と日本PROJECT