とちテレニュースカレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年11月のニュース

ニュース動画一覧

■「LRTなど推進を」 佐藤さん 宇都宮市長選(20-11-16)

宇都宮市長選挙で5回目の当選を決めた佐藤 栄一さんが事務所で会見し、選挙戦を振り返った。宇都宮市などが整備を進める次世代型路面電車LRTの事業などを争点に戦った佐藤さんはLRTの工事の一時凍結を訴えた新人の須藤 博さんに5万票を超える差をつけ当選。公約に掲げていた新しいアリーナの建設についてはLRTの駅東側の開業を予定する2022年に間に合うよう民間誘導で整備する方針だ。

■激戦終えて 福田さん会見 県知事選挙(20-11-16)

激戦の県知事選挙から一夜明け、県政史上初の5期目の当選を果たした福田 富一さんが会見を開いた。新人の田野辺 隆男さんに約21万票の差をつけて圧勝した福田さんは17日間の戦いを終え、少し疲れた表情を見せながら「豊かな自然と産業、堅実な県民性を生かし日本をリードする栃木県を作る」と意気込んだ。次の任期は来月9日からとなる。

■矢板中央は徳島市立と対戦 高校サッカー抽選会(20-11-16)

第99回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が16日行われ、4年連続で出場する栃木代表の矢板中央は徳島代表の徳島市立と対戦することが決まった。抽選会は新型コロナウイルス感染防止対策のため日本テレビとそれぞれの地区をインターネットを結んで行われ代表が決まっていない2つの県を除く46チームがオンラインで参加。去年全国3位の矢板中央はシードで2回戦からの出場。初戦は来年1月2日となった。大会は12月31日に開幕し決勝は来年1月11日に埼玉スタジアム2〇〇2で行われる。

■県知事選挙 福田氏が県政史上初の5選(20-11-15)

任期満了に伴う県知事選挙の投開票が15日行われ、現職の福田富一氏(67)が県政史上初となる5回目の当選を果たした。福田さんは自民、公明の県組織の推薦、県内ほとんどの市長や町長から支援を受け組織戦を展開。開票の結果、新人の田野辺隆男氏に21万2,512票差で当選。投票率は38.73%で前回選挙より5.46ポイント上回ったものの、4回連続で投票率は40%に届かなかった。



■宇都宮市長選挙 佐藤氏が5選(20-11-15)

任期満了に伴う宇都宮市長選挙は、現職の佐藤栄一氏(59)が5回目の当選を決めた。宇都宮市長選挙は現職で自民・公明の県組織から推薦を受けた佐藤氏と新人で立憲民主、共産の県組織、社民党から推薦を受けた弁護士の須藤博氏の一騎打ちの戦い。新型コロナウイルス対策や次世代型路面電車、LRTが争点になったが、PCR検査の拡充やLRTの駅東側の完成と西側の早期着工などを訴えた佐藤氏が5万3,788票の差をつけ当選。投票率は前回より0.46ポイント低い41.07%。

■栃木県知事選挙(開票終了)(20-11-15)

開票終了

福田 富一   416,628

田野辺 隆男  204,116

■宇都宮市長選挙(開票終了)(20-11-15)

開票終了

佐藤 栄一 113,025

須藤 博   59,237

■栃木県知事選挙 投票中間速報(19時30分現在)(20-11-15)

栃木県知事選挙 投票中間速報(19時30分現在)

25.10%

■【速報】栃木県知事選挙 現職の福田富一氏が当選確実(20-11-15)

栃木県知事選挙 現職の福田富一さん当選確実

■【速報】宇都宮市長選挙 現職の佐藤栄一氏が当選確実(20-11-15)

宇都宮市長選挙 現職の佐藤栄一さんが当選確実

■県知事と宇都宮市長のダブル選挙 15日投開票(20-11-14)

任期満了にともなう県知事選挙と宇都宮市長選挙は15日、投開票が行われる。県知事選挙に立候補しているのは届け出順に元NHK宇都宮放送局長の新人・田野辺隆男候補(60)と自民、公明の県組織からの推薦を受ける現職の福田富一候補(67)の2人。一方、宇都宮市長選挙に立候補したのは届け出順に新人で立憲民主、共産の県組織、社民党から推薦を受ける弁護士の須藤博候補(77)と現職で自民・公明党の県組織から推薦を受ける佐藤栄一候補(59)。

■高校サッカー県大会 矢板中央が史上初4連覇(20-11-14)

全国高校サッカー選手権栃木大会の決勝が14日行われ、矢板中央が宇都宮短期大学付属を破って県大会史上初の4連覇を成し遂げた。両チーム無得点で試合は延長戦でも決まらずPK戦にもつれ込んだ。PK戦では3人連続で成功させた矢板中央に対し宇短大附属は2人が失敗。最後に矢板中央4人目のキッカー大畑がゴールを決め、2年連続でPK戦を制し4連覇を成し遂げた。大みそか開幕の全国大会で、矢板中央は、来年1月2日の2回戦から登場する。
  • 海と日本PROJECT
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • はじめてばこ
  • 島守の塔
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • イブ6プラス