とちテレニュースカレンダー

2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年04月のニュース

ニュース動画一覧

■休業協力した事業所に県が協力金を支給(20-04-18)

18日の市町村長会議で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休業に協力した事業所に、県が最大30万円の協力金を支給することが明らかになった。県は18日から5月6日まで「栃木県緊急事態措置」の期間として、接待を伴う飲食店への出入り自粛などを強く求めている。遊興施設や劇場、集会・展示施設などの休業要請も行っていて、会議で福田富一知事は「今月21日から5月6日まで休業した事業者を対象に、最大30万円の協力金を支給する」と明らかにした。飲食業などの食事提供施設も含まれ、店の営業をやめてテークアウトに切り替えた場合も対象にする。

■栃木市が市町で初の「緊急事態宣言」(20-04-18)

新型コロナウイルスの市内での感染が増えている栃木市の大川秀子市長は18日、県内の市町で初めて「非常事態宣言」を出した。栃木市は県内で2番目に多い7人の感染が確認され、人口10万人当たりの割合では県内で1番高い。直近で確認された10人中5人が栃木市在住で、大川市長は来月6日までの外出自粛を市民に強く要請した。栃木市では17日、市内の小学校勤務の技能員女性(50代)の感染が明らかになったが、この日の会見では、濃厚接触が疑われる教職員2人を14日間の自宅待機と健康観察にしていることを発表した。児童との接触はないという。

■県内で大雨 人的被害はなし(20-04-18)

18日は前線を伴った低気圧の影響で上空に強い寒気が流れ込み、県内でも広い範囲で大雨となった。18日午後3時半までの24時間に今市104ミリ、鹿沼103ミリの雨を観測し、県内5カ所の観測点で4月の観測史上最多となった。県南部に一時、竜巻注意情報が出され、鹿沼市と小山市に大雨警報、広い範囲に洪水警報が出された。足利市の松田川護岸が5mほど洗堀(流される)したが、越水はなかった。

■日光二社一寺 すべて5月6日まで拝観休止(20-04-18)

日光山輪王寺と日光二荒山神社は18日、当初今月22日までとしていた拝観休止を、5月6日までに延長すると発表した。緊急事態宣言の対象地域全国拡大を受けた措置で、日光東照宮もすでに5月6日までの拝観休止延長を発表している。

■県内で新たに2人の感染確認 計44人に(20-04-17)

 県は17日会見を開き、県内で新型コロナウイルスの患者が新たに2人確認された発表した。県内で「陽性」が判明したのは合計44人。このうち8人が退院、重症は現在4人。感染が確認されたのは栃木市の50代の女性と那須塩原市の60代の男性。栃木市の50代の女性は今月9日、37度台の発熱があり翌10日も発熱があったため医療機関を受診し、抗生剤を処方されていた。女性は今月9日、栃木市内の小学校にマスク着用で勤務しているが児童との接触はない。またそれ以降は自宅で過ごしているといい現在は症状はない。那須塩原市の60代の男性は15日に陽性が確認された女性の夫。女性の濃厚接触者として検査した結果「陽性」が判明した。

■「栃木県緊急事態措置」18日午前0時から5月6日まで(20-04-17)

 緊急事態宣言の対象地域が全国に広がったことを受け、福田富一知事は17日、臨時の会見を開いた。18日午前0時から大型連休明けの5月6日までを「栃木県緊急事態措置」として不要不急の外出や大型連休の都道府県をまたぐ移動の自粛などを要請した。

◇県立学校の休校は5月6日まで。市町の小中学校と私立学校にも休校要請

◇カラオケやネットカフェなど遊興施設や劇場、集会・展示施設、パチンコ店などの遊戯施設に対し期間中の休業を要請

◇飲食店でのアルコールの提供は午後7時まで

◇イベントの開催については生活の維持に必要なものを除き開催規模・場所に係わらず自粛を呼び掛け

◇休業する事業者に対して協力金の支給も検討

【休業要請に関する相談】→18日午前9時から電話028−623−2826ま

■「栃木県緊急事態措置宣言」18日午前0時から5月6日まで(20-04-17)

 緊急事態宣言の対象地域が全国に広がったことを受け、福田富一知事は17日、臨時の会見を開いた。18日午前0時から大型連休明けの5月6日までを「栃木県緊急事態措置」として不要不急の外出や大型連休の都道府県をまたぐ移動の自粛などを要請した。

◇県立学校の休校は5月6日まで。市町の小中学校と私立学校にも休校要請

◇カラオケやネットカフェなど遊興施設や劇場、集会・展示施設、パチンコ店などの遊戯施設に対し期間中の休業を要請

◇飲食店でのアルコールの提供は午後7時まで

◇イベントの開催については生活の維持に必要なものを除き開催規模・場所に係わらず自粛を呼び掛け

◇休業する事業者に対して協力金の支給も検討

【休業要請に関する相談】→18日午前9時から電話028−623−2826まで

■日光東照宮が拝観停止を延長 5月6日まで(20-04-17)

日光東照宮は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当初22日までとしていた拝観停止期間を来月6日まで延長すると発表した。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたのを受けたもの。

■知事が19時予定で会見 とちぎテレビで生放送(20-04-17)

国の緊急事態宣言全国拡大を受けて、県はこの後午後5時から有識者会議を開くほか、午後6時から対策本部会議を開催。その結果を受け午後7時からの予定で福田知事が会見します。

 とちぎテレビでは会見の模様を生中継でお送りします。

・栃木の情報は夜9時の「ナイトニュース9」でご覧ください。

■緊急事態宣言 全国拡大を受け 知事がコメント(20-04-16)

知事のコメントは次の通り

「国の緊急事態宣言が対象地域を全国に拡げて発令されました。これにより今後、外出自粛については新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、要請するものとなります。

 また、今回の宣言では感染拡大防止の取組を重点的に進める『特定警戒都道府県』の指定がなされました。

 本県は指定されておりませんが、本県の状況を踏まえつつ、新型コロナウイルス感染症のまん延を一刻も早く食い止めるため必要な措置について有識者の御意見を賜りながら、17日の有識者会議において決定したいと考えております。

 引き続き、県民の皆様には、不要不急の外出の自粛と感染対策の徹底に御協力いただくとともに、冷静な対応をお願いします。」

■県内で新たに2人の感染確認 計42人に(20-04-16)

県は16日夜会見を開き、県内で新たに2人の新型コロナウイルスの患者が確認されたと発表した。これで県内での感染者は42人となる。41例目の患者は那須塩原市の50代の女性。この女性の70代の母親は今月9日、陽性が確認されており70代の父親も陽性が確認されている。女性は今月9日と10日、発熱の症状があり翌11日のPCR検査では、「陰性」の結果が出た。しかし15日、37度台の発熱と頭痛があり16日再び検査したところ「陽性」が確認されたという。濃厚接触者は夫1人で、夫も11日の検査では「陰性」と判明している。42例目の患者は栃木市に住む50代の男性。この男性は今月14日に感染が確認された栃木市の60代の男性の同僚。今月14日に同僚の感染が確認され、本人も倦怠感があったため、県南健康福祉センターに相談。PCR検査を行ったところ陽性が判明した。この男性は飲食店で配膳などを担当していたという。

■40例目の感染女性 益子町のALT(20-04-16)

15日に宇都宮市が発表した県内40例目の新型コロナウイルスの感染者が益子町の小学校に勤務するALT(外国語指導助手)の女性であることがわかった。県内で学校勤務者の感染が確認されたのは初めて。益子町によると、この女性は益子町の4つの小学校に勤務しており、今月10日には益子西小で5・6年生100人ほどに授業を行った。また授業は行わなかったものの今月8日〜13日にかけ他の小学校3校にも出勤した。4つの小学校の教職員や児童からは現時点で体調不良の訴えはないという。ALTを派遣している企業では県内複数の市町にALTを派遣しているが、とちぎテレビの取材に対し、感染が確認された女性とほかのALTとの接触は一切ないと回答している。

■益子・春の陶器市 WEB上で開催(20-04-16)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、益子町最大のイベント・春の陶器市は初の中止が決まったが、全国のファンや作家のために販売する機会を作ろうとインターネット上に出品するという方法に変えて陶器市を開催するための準備が進められている。105回目を迎える予定だった春の陶器市は、去年、約42万人の観光客が訪れた。ネット上での出品は実行委員会にとっても、作家にとっても初の取り組みとなるため、試行錯誤の連続だ。ウェブ版の益子陶器市は、今月29日から来月20日まで開かれる。

■県内40例目 宇都宮市在住40代女性 小学校勤務(20-04-15)

【40代女性(宇都宮市)・県東地区の小学校勤務】

8日 鼻水(13日まで)県東の小学校A勤務(授業せず)

9日 小学校B勤務(授業せず)37.6度の発熱(14日まで)医療機関A受診

10日 小学校C勤務(4クラス分の授業行う)

11日〜12日 自宅 せき症状あり(13日まで)

13日 小学校D勤務(授業せず)医療機関A再受診し自宅療養

14日 医療機関Aから保健所に相談

15日 帰国者・接触者外来にて検体採取、PCR検査で陽性

※小学校勤務時はマスク着用

【行動歴】

1日 県外に住んでいる友人家族と友人宅で食事。友人は発熱

【濃厚接触者】

宇都宮市内はいない。県東のABCD小学校を調査中

■接客伴う飲食店への外出自粛を要請(20-04-15)

 福田富一知事は15日夕方、臨時の記者会見を開き県内の新型コロナウイルスの感染拡大を受け「今が重要な局面」としたうえで接客を伴う飲食店への外出自粛を要請した。16日午前9時からは、相談窓口を一本化し24時間体制の専用コールセンターを設置する。電話番号は0570−052−092。また福田知事は、「3つの密」を避ける行動をするよう改めて呼びかけたほか、病床数の確保に向けて、ホテルや旅館など約10施設(500室)から応募相談があったことを報告した。

■速報・済生会の男性医師感染 関係者の検査結果は全て「陰性」(20-04-15)

◇済生会宇都宮病院によりますと、濃厚接触者である医療従事者1人とその他21人の関係者の検査結果は全員「陰性」と判明。

◇きょう休止したすべての科の初診外来と整形外科の再診外来はあす(16日)から再開する。

■速報・県内39例目 那須塩原市60代女性(20-04-15)

◇60代女性(那須塩原市)県内の39例目

12日発熱、咳、倦怠感あり。自宅で過ごす→13日発熱、関節痛もあり、市内で受診、県北センターに連絡→14日検体回収→15日咳あり、陽性判明

※移動は自家用車マスク着用

※濃厚接触者は夫、息子、嫁、孫の4人

・栃木の情報は夜9時からの「ナイトニュース9」をご覧ください



■速報・宇都宮で新たに1人感染 医療関係者の男性(20-04-15)

◇30代男性(宇都宮市11例目・県内38例目)

・済生会宇都宮病院や宇都宮中央病院など複数の病院勤務の医療関係者。先月末、新潟で葬儀に出た後、30・31日の2日間発熱。翌今月1日解熱。14日新潟の母が陽性判明。濃厚接触は済生会の医療従事者1人だが、複数の医療従事者及び患者にも検査を実施または健康観察を行う予定。

【行動歴】

先月27・28日新潟市で母と葬儀、新幹線マスク着用で帰宅→30・31日発熱、1日解熱→3日受診→6日済生会受診(※29・6日は休暇で自宅に)→7日宇都宮中央病院勤務→8〜9日済生会勤務→10日県外医療機関勤務、新幹線などで移動→11日曜別の県外医療機関勤務、新幹線在来線で移動→12日休暇で自宅→13日済生会勤務→14日宇都宮中央病院勤務、新潟の母が陽性、本人も陽性判明

※いずれもマスク着用



※濃厚接触者は済生会の医療従事者1人。

そのほか、濃厚接触者ではないが患者6人と医療従事者16人を検査予定。外来患者30人については短時間接触のため健康観察。

※宇都宮中央病院外来19人と医療従事者1人を調査中
  • イブ6プラス
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレ公式YouTube
  • ミヤリーの部屋
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレSHOP