とちテレニュースカレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■【台風19号】県弁護士会が無料で法律相談(19-11-06)

県弁護士会は6日から台風19号で被害を受けた人を対象に電話による無料の法律相談を始めた。担当した弁護士の徳田剛之さんは県内では浸水被害が大きかったため、住宅や車の修理やローン、農業関係の相談が多く寄せられるのではないかとみている。また弁護士に相談することで心配が取り除かれることもあるのでどこに相談したら良いのかわからない場合も気軽に連絡してほしいと話した。

■県文化功労者表彰式(19-11-06)

栃木県の文化の発展に貢献した人に贈られる県の文化功労者の表彰式が6日、県公館で行われた。今年度は県内の民俗学や文化財保護の分野で貢献した柏村祐司さんが選ばれた。148人目の受章者となった柏村さんは「県内のさまざまな経験者からの協力があったからこそ民俗学の研究や団体設立ができた。多くの県民のみなさんに感謝したい」とあいさつした。

■台風19号 みなし仮設住宅 受付開始(19-11-05)

台風19号の影響で住宅が水につかるなどの被害を受けた人に対し県は5日から民間の賃貸住宅を仮設住宅として利用する「みなし仮設」の受け付けを始めた。住宅が全壊または半壊して避難所を利用している人などが対象。住宅の浸水被害が約1万3800軒と県内で1番多かった栃木市では市役所に入居申し込みのブースが設置された。

■秋の叙勲 伝達式(19-11-05)

長年にわたってさまざまな分野で功績のあった人に贈られる秋の叙勲の伝達式が5日、県公館で行われた。政治や企業経営で功績を挙げた旭日章が15人。公共の仕事に長年従事し功績を挙げた瑞宝章が57人と県内で合わせて72人が受章した。伝達式には21人が出席し福田富一知事から賞状と勲章が手渡された。

■台風19号受け来年度予算に緊急排水強化対策(19-11-05)

小山市の大久保寿夫市長は5日の定例会見で台風19号の被害を受け来年度の予算に河川の排水強化対策を盛り込む方針を明らかにした。小山市では台風19号の影響によって豊穂川の流域などで365軒が浸水。来年度の予算に豊穂川などの緊急排水強化対策や思川の堤防の強化対策を盛り込む方針。事業費などについては今後の調査をもとにして決めていく。

■地方創生の交付金返還へ 塩谷町で不適切支出(19-11-05)

塩谷町は5日、国の地方創生推進交付金などを活用し町内農産物を使った販売促進や雇用創出を目指した事業で不摘出な支出があったとして、2016年〜18年度の交付金2,652万円全額を返還し、事業を廃止する方針を明らかにした。町によると年度ごとに定めた契約期間外の経費を計上するなど44件約1400万円の不適切な支出があったほか、領収書が確認できない支出が約360万円に上った。町から委託を受けた地元の農業団体が委託費全額を別の2つの団体に再委託した年もあった。「豆乳ヨーグルト」の商品化などを進めたが、18年度の売上は7万3800円で経費の支出の実態などを調べていた。

■台風19号から3週間…勤勉な人柄 犠牲になった山本さん(19-11-05)

台風19号で氾濫した河川の水に巻き込まれ犠牲になった足利市の山本紀子さん(85)は会社勤めをしながら農業を営み、近所では勤勉な人柄で知られた。家族と多くの時間を過ごし、孫をベビーカーに乗せて幸せそうに散歩する姿も見られたという。知人などによると山本さんは会社を退職した後も数年前までトラクターやコンバインを運転し、農業に精を出していた。読書が好きで新聞は隅々まで読み込むほどだった。台風が襲った10月12日夜、避難中だった山本さんたちの車が濁流にのまれた。車内に流れ込んだ水に長時間浸かり、低体温症による急性心不全で亡くなった。親戚の男性は「散歩中にあと10年は生きなきゃと笑顔で話していたのに…」、山本さんの娘と幼なじみだという女性は「学生時代に遊びに行った時には料理を作って優しくもてなしてくれた」と振り返った。

■東京五輪へ観光PRに熱 益子焼など英見本市に(19-11-05)

英ロンドンで4日、各国の旅行代理店や観光関連団体が一堂に会する国際見本市「ワールドトラベルマーケット」が開幕した。日本からは政府観光局がブースを設置し、初出展の益子町など30以上の自治体や企業が参加した。益子焼で知られる益子町は訪日旅行客向けツアーに陶器作りや藍染め、イチゴ狩り、利き酒など各種体験を盛り込んでもらおうと提案。見本市は欧州最大級で近年は182ヵ国・地域から5万人以上が参加している。

■矢板中央と佐野日大が決勝に 高校サッカー(19-11-04)

 第98回全国高校サッカー選手権栃木大会の準決勝2試合が4日、宇都宮市の県グリーンスタジアムで行われ矢板中央と佐野日大が決勝進出を決めた。大会3連覇を狙う矢板中央は、去年の準決勝と同カードの宇都宮短大附属と対戦。前半、コーナーキックを直接決められ、先制点を許すも、後半29分、ゴール前の混戦を途中出場の星が決め同点。その5分後にも10番久永が追加点を奪い2対1で競り勝った。第2試合は去年準優勝の佐野日大が、後半に2点を奪い栃木を下した。

■男子は那須拓陽 女子は白鴎大足利が都大路切符(19-11-04)

 都大路への出場をかけた県高校駅伝が4日、宇都宮市の県総合運動公園陸上競技場で行われ、男子は那須拓陽が2連覇、女子は白鴎大足利が6連覇を果たした。台風19号の影響で会場が変更になり、区間ごとに400メートルトラックで周回レースを行い、その合計タイムで代表を決めた。タスキをつながない異例の大会となった。男子は7区間42.195キロ、優勝タイムは2時間9分54秒。5区間21.0975キロで競った女子の優勝タイムは1時間13分46秒だった。

■3年後は栃木で 国体をPR(19-11-04)

 3年後に栃木県で開催される国民体育大会と全国障害者スポーツ大会の機運を高めようと、宇都宮市のオリオンスクエア4日、PRイベントが開かれた。イメージソング「いちご一会」をシンガーソングライターのサトウヒロコさんと、作新学院高校吹奏楽部が披露。2012年のロンドン五輪・女子卓球の団体で銀メダルを獲得した鹿沼市出身の平野 早矢香さんらがトークショーを開き、大会の魅力をアピールした。
  • とちテレ公式YouTube
  • 海と日本PROJECT
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • SOUND30
  • ミヤリーの部屋