とちテレニュースカレンダー

2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■海なし県栃木 海の日はプールで(18-07-16)

栃木でも水に親しもうと「涼」を求めて多くの家族連れがプールを訪れた。さくら市総合公園プールは21日のオープンを前に14日からプレオープンし、15日一日で1千人を超え、16日も開園前から長蛇の列ができた。県内の最高気温は佐野で(38.0)度、大田原で(37.1)度と各地で猛暑日となり大田原と奥日光など3ヵ所で7月としては観測史上最高の気温を記録。総合公園プールは7月21日から8月26日まで毎日営業する。

■SL「大樹」運行開始から1周年 子どもたちがPR動画撮影(18-07-16)

8月10日で東武鉄道のSL「大樹」が運行開始から1周年を迎える。地元の子どもたちが「大樹」に手を振る様子を動画に収めたPR動画の撮影が15日、日光市内で行われ、市内の園児など約150人が参加した。子どもたちは、メッセージや絵を描き仕上げたうちわや横断幕とともにに、大樹が通りかかるのを待った。大樹はいつもよりスピードを落とし、汽笛を鳴らしながら走行。映像は、東武鉄道の駅などで放映される予定。

■夏休みを前に見どころ増やす 那須町(18-07-16)

那須町高久丙の「那須りんどう湖レイクビュー」では15日から見どころを増やし訪れる観光客を楽しませている。入園すると、世界規模のガーデニングコンテストで、7年連続、金賞を獲得している庭園デザイナーが手がけた花壇が出迎えてくれる。また毛刈りを終え、涼しげなアルパカ、クールビズ仕様の『ビズパカ』が見られる。さらに、ジャージー牛のミルクが使われたソフトクリームの新スイーツも登場。

■W杯決勝 占いインコ「オリビア」が勝敗を予想(18-07-15)

世界中が熱狂している2018FIFAワールドカップロシア大会はいよいよ決勝を迎える。1998年の自国開催以来、20年振り2度目の優勝を狙うフランスか、それとも快進撃を続けて決勝まで駒を進めたクロアチアの初優勝か、那須どうぶつ王国の占いインコ「オリビア」が勝敗を予想した。ワールドカップの勝敗予想は苦戦が続いているが、決勝は的中させることができるのか。オリビアが選んだのは・・・クロアチアの国旗で初優勝を予想した。

■那須どうぶつ王国に新たなエリアがオープン(18-07-15)

那須町にある那須どうぶつ王国では湿地で暮らす動物を間近で観察できる人気の屋内型の展示施設に新たなエリア「オッタークリーク・ビーバークリーク」がオープンし、ユーラシアカワウソとアメリカビーバーが仲間入りした。施設は洞窟のような作りで、ユーラシアカワウソとアメリカンビーバーを目の前で見ることができる。訪れた人たちは、水中の生活に適した動物の生態を興味深そうに見入っていた。

■那須雪崩事故 遺族が会合(18-07-15)

去年3月、那須町で登山の講習中だった大田原高校の生徒と教諭合わせて8人が死亡した雪崩事故で、遺族が15日、大田原市内で会合を開いた。県教育委員会が2018年7月開いた、遺族らに向けた再発防止策の説明会では、9月にも開催する方針の登山の安全確保のための連絡協議会について、委員として参加してもらえないかを打診。これを受け遺族らは、15日の会合で、参加するかどうかなどの話し合いを進めた。

■停車中の乗用車にトラック追突 宇都宮(18-07-14)

14日午前1時40分ごろ、宇都宮市下川俣町の国道119号でタイヤのパンクを直そうと停車していた乗用車にトラックが追突する事故があった。乗用車の外に出ていた土木作業員の君島光司さん(77)が胸を強く打ち死亡。君島さんと一緒に乗用車の外にいた田辺直人さん(21)も頭を強く打ち意識不明で病院に運ばれた。

■西日本豪雨 被災地支援へ募金活動 宇都宮(18-07-14)

宇都宮大学の学生などで組織するNPO法人・とちぎ生涯学習研究会メンバーが14日、JR宇都宮駅の構内で募金の協力を呼びかけた。活動は16日まで続け集まった募金は現地の支援者にどんなものが必要なのか聞き取りを行い、使い道を決めるという。二荒山神社(宇都宮市)前ではとちぎボランティアネットワークが現地で活動するボランティアの活動支援のために使われる「ボランティア支援基金」を募った。

■障がい者が職業技能競う とちぎアビリンピック(18-07-14)

障がいのある人が日ごろ培った技能を競い、2018年11月の全国アビリンピック(沖縄県)の県代表を決める選考会を兼ねた大会が14日、宇都宮市で開かれた。特別支援学校の生徒など83人が出場。パソコンのデータ入力やビルクリーニングなど9種目で技能を競った。会場では2017年県内で開かれた全国アビリンピックのフラワーアレンジメントで金賞を獲得した小川 留乃さんが模範演技を行い、大会を盛り上げた。

■両陛下、那須での静養を取りやめ 豪雨被害を案じられる(18-07-13)

宮内庁は13日、天皇、皇后両陛下が、西日本を襲った記録的な豪雨による甚大な被害を案じて17日から20日に予定していた那須町の那須御用邸での静養を取りやめられたと発表した。両陛下は、豪雨で広い範囲にわたり被害が発生し、安否不明者の救出や捜索活動、復旧作業が続けられているほか、猛暑の中で多くの被災者が避難所生活を余儀なくされていることを心配されているという。

■新しい副知事に岡本氏 県議会が人事案を議決(18-07-13)

県議会の臨時会議が13日に開かれ、新しい副知事に総務省出身の岡本誠司氏(51)を置く人事案を議決した。赤松俊彦副知事は19日に退任し総務省に戻る。岡本氏は神奈川県出身で東京大学法学部を卒業。1990年に旧自治省に入り、愛媛県松山市の助役や内閣府参事官などを歴任した。着任は20日。赤松副知事同様に国とのパイプ役のほか、環境森林部などを所管する。

■「万プー」オープン! アツい夏始まる(18-07-13)

海なし県の栃木県民にとって水辺に親しめることでおなじみの真岡市、井頭公園の一万人プールが13日にオープンした。東日本大震災では施設に被害を受けて一時営業を休止したこともあったが、それを乗り越え復活、今シーズンも「波のプール」や「流れるプール」など個性豊かな7つのプールで訪れた人を出迎える。多い日は1日1万人が訪れる栃木の海、今年の目標は14万5千人。熱いシーズンがスタートする。

■園芸生産者確保へ 相談所「みのりす」各地に設置(18-07-12)

「園芸大国とちぎづくり」の実現に向け園芸生産の総合的な支援を行う相談窓口「園芸総合相談所」、愛称「みのりす」が12日、各農業振興事務所など計8ヵ所に設置された。安足農業振興事務所では福田富一知事が看板を設置した。相談所の愛称には作物や人々の思いが「実る」場所になるようにという願いを込めた。今後は園芸導入に向けたアドバイスなどを支援し、担い手を確保したい考え。

■栃木県選手団 インターハイを前に結団式(18-07-12)

全国高校総合体育大会「インターハイ」が7月26日から東海地方で始まるのを前に栃木県選手団の結団式が12日宇都宮市内で行われた。大会には県内からまだ代表が決まっていない水泳を除いて30競技に約540人が出場する。式では選手を代表し矢板中央高校サッカー部の白井陽貴キャプテンが力強く大会での活躍を誓った。大会は東海地方4県を会場に7月26日から8月20日まで行われる。
  • SOUND30
  • とちぎテレビサービス
  • とちテレ公式YouTube
  • ゴルフここだけ
  • 旅好き
  • 海と日本PROJECT