とちテレニュースカレンダー

2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■シルバー大学校生徒が民生委員体験(19-02-26)

地域の身近な相談に応じる民生委員の活動をシルバー大学校の学生が1日体験した。現在、県内では約3900人の民生委員・児童委員が活動しているがかなり人手不足が課題となっており、県では2年前から育成事業に取り組んでいる。26日はシルバー大学校で講義を受けた6人の生徒が民生委員を体験した。6人は民生委員の活動内容や心構えについて話しを聞いた後、ひとり暮らしの高齢者の自宅を訪問し調査票をもとに日常生活で困っていることなどを聞き取った。

■宇都宮市議会開会(19-02-26)

宇都宮市議会の3月定例会が26日から始まり新年度の当初予算案など61の議案が提出された。宇都宮市の新年度の当初予算案は一般会計で2065億円と過去2番目の規模。新年度予算案の中では次世代型路面電車LRTの整備事業に約99億円が盛り込まれている。2022年3月の開業に向けJR宇都宮駅東側の整備を着実に進めるとともに駅の西側への事業化に向けて調査を進める方針。また駅東地区の整備では交流広場の設計に着手するほか展示会や大規模な会議などが開催できる施設への誘致活動に取り組むなど都市拠点の形成を進めていく。

■カクテルバー巡るツアーも アフターDCで夜の観光強化へ 宇都宮(19-02-25)

2018年4月、県内を舞台に行われたJRグループなどの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に続き、2019年4月からは「アフターDC」が開かれる。宇都宮市の佐藤栄一市長は25日、宿泊客増加に向け「夜の観光」の充実などに取り組む考えを示した。ガイド付きで市内カクテルバーを巡るツアーを新たに開催するほか、スマートフォンなどのアプリを活用して日本遺産に認定された「大谷石の文化」を回るスタンプラリーを行うという。

■医師不足や地域格差の解消に向け対策強化へ 県議会質問戦(19-02-25)

県議会通常会議の質問戦が25日に最終日を迎えた。医師が都市部に集中し地域格差が生まれている現状を受け、県が新年度から医師確保のための対策を強化していくことが分かった。「医師偏在指標」によると、全国335カ所の医療圏のうち、県南地区は11位と医師が多い地域だが、県東地区が301位となるなど、3医療圏は医師が少ない地域だったという。このデータを基に、県は医師不足や地域格差を解消するため、新年度から医師を確保する計画を進めていく。

■大きく育ってね 児童らがクワの木を植樹 小山(19-02-25)

「ふるさと学習」として小山市に伝わる「結城紬」について学んでいる小山市の絹義務教育学校で、カイコのエサとして使われるクワの木が植樹された。この学習では結城紬の原料の糸をつくるカイコが飼育され、エサとなるクワの葉が大量に必要になる。そこでJAおやまがクワの苗木を絹義務教育学校に寄贈した。この日は2年生27人が参加し、校庭に木を植えていった。

■天皇陛下即位30年 県庁などに記帳所(19-02-24)

天皇陛下が即位30年を迎えられたことを祝って24日、県庁などに記帳所が特別に設けられた。訪れた人たちが、この30年に思いをはせながら名前を書いてお祝いの気持ちを伝えた。ロビーでは天皇陛下の公務や国際親善の様子がおさめられたDVDが放映されお祝いに花を添えた。24日の政府主催の式典で天皇陛下は「天皇としてのこれまでの務めを人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことだった」と述べ国民への感謝の気持ちを示された。
  • ミヤリーの部屋
  • とちテレゴルフ
  • 旅好き
  • 海と日本PROJECT
  • とちぎ未来大使魅力発信
  • とちテレSHOP