×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

県看護大会 新型コロナ対応に敬意

新型コロナウイルスの影響で延期となっていた県看護大会が、規模を縮小して24日、宇都宮市で開かれた。約200人が参加し、大会長を務める県看護協会の朝野春美会長が医療現場の最前線で新型コロナウイルス対応に尽力する医療従事者に敬意を表した。関係者64人には表彰状や感謝状が贈られ、代表して藤井洋子さんが「新型コロナウイルス対応では、地域住民の人からの声援に支えられ誇りをもって臨んでいる。1人でも多くの人を回復に導き、今後も研鑽していきたい」と謝辞を述べた。