×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

県内養豚場で初の豚熱 殺処分進む

 那須塩原市の2つの養豚場で県内初の豚熱の発生が確認されてから一夜明け、現場では自衛隊の協力を得ながら約3万7千頭と、これまでで国内最大規模となる殺処分の作業が進められている。  県によると殺処分は17日午後7時から開始された。県は陸上自衛隊に災害派遣を要請、他県の職員も作業に加わり、合わせて843人が動員されている。「キョクトウ三島スポーツパーク体育館」を拠点に18日正午までに全体の7.8%にあたる2873頭の殺処分を行った。19日以降も24時間、作業が続けられ埋却と消毒の消毒を含め5月14日までに作業を完了させる見通し。また、豚熱の発生を受け戸田水辺公園や東那須野公園の駐車場など市内3カ所に畜産関係の車両などを消毒するためのポイントが設置された。  県養豚協会の星正美会長によると子豚には生後50日から60日ごろまで母豚からの抗体があるが、それが切れた後ワクチンを打つまでに間が空けばその期間に感染する可能性があるという。