×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

路線価県平均下落幅3年ぶり拡大 最高額は宇都宮駅東口

相続税や贈与税の基準となる土地の価格「路線価」が1日、公表された。長引く新型コロナウイルスの影響で宅地の変動率は全国平均で0.5%マイナスと6年ぶりに下落し、県内でも3年ぶりに下落幅が拡大した。路線価は、国税庁が1月1日時点で道路の面する土地の評価額を算定しているもの。県内の宅地では4900地点で調査が行われた。関東信越国税局によると、県内の最高価格となったのは2年連続で宇都宮市宮みらいの宇都宮駅東口駅前ロータリー。1平方メートルあたりの評価額は30万円と前年同時期比で3.4%上昇した。