×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

大暑禊 真岡市長沼八幡宮

二十四節気のひとつ、「大暑」の22日、真岡市の長沼八幡宮では水をかぶって無病息災を願う神事「大暑禊」が行われた。4回目となる今年は感染対策のため参加者の公募は行わず、氏子や地元の農家など男性6人が参加。宮司が祝詞を読み上げ玉串を奉納したあと、ふんどし姿の参加者らが県神社庁の指導者に合わせて和歌を読み上げ、気合を入れる。そして威勢のいい掛け声とともに一斉に水を浴びた。各地で真夏日を記録し文字通りの大暑となったこの日、参加した人たちは暑い夏を乗り切ろうと気持ちを込めて水をかぶっていた。