とちテレニュースカレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年07月28日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■イチゴ王国10番目のオリジナル品種は「とちあいか」 (20-07-28)

栃木県が生産量日本一を誇るイチゴの新しい品種栃木i37号の名称が「とちあいか」に決まった。「とちあいか」は、県の農業試験場が7年かけて開発したイチゴ王国10番目のオリジナル品種。去年10月に一般向けの販売でデビューしていてそれから今年3月にかけて、消費者が実際に食べて6つの名称の候補からどれがふさわしいか投票してもらうキャンペーンを実施していた。「とちあいか」は、主力品種の「とちおとめ」より収穫の時期が早く、病気に強い上、収量と粒の大きさも上回る。酸味が少なく甘さが際立つといい、県はとちあいかを主力品種に育てていく方針。今年10月からのシーズンは、前シーズンの6倍にあたる750トン以上の出荷を見込んでいる。

■野木町長選 現職の真瀬氏が無投票4選(20-07-28)

任期満了に伴う野木町長選挙が28日告示され、現職の真瀬宏子氏(74)以外に立候補の届け出はなく真瀬氏が無投票で4選を果たした。真瀬氏は高校の美術教師などを経て2008年の町長選挙で、無投票で初当選。「小さくてもキラリと光る町」を掲げ3期12年を勤めている。真瀬氏は「町の安全安心」「少子高齢化対策」「町の活性化」の3本柱を重点施策として町政の継続を訴えたほか、先の見えない新型コロナウイルスとの戦いについても町民とともに乗り越えたいと話している。

■塩谷町長選告示 現職と新人の一騎打ち(20-07-28)

任期満了に伴う塩谷町長選が28日告示され3期目を目指す現職の見形和久候補(67)と元町議会議員で新人の福田徳弥候補(49)の一騎打ちの選挙戦に突入した。3期目を目指す見形候補はこれまでの8年間の実績を強調した上で、新たな施策として地域経済の活性化や新庁舎の整備の重要性を訴えている。一方、2017年の町議選に自民党の公認で立候補し、トップで初当選した新人の福田候補は、選挙戦で「未来の町をすべての世代に」をキャッチフレーズに高齢者支援や人口減少対策に取り組んでいくと訴える。しかし、町の課題として真っ先に挙げられるはずの「指定廃棄物の最終処分場問題」について、両陣営とも大きな争点にしておらず、町民の最大の関心事への言及が少ないことが投票率にどのような影響を与えるのか注目される。塩谷町長選は8月2日に投票が行われ即日開票される。
  • うたの王様 よくあるご質問
  • イブ6プラス
  • とちテレ公式YouTube
  • 海と日本PROJECT
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー