とちテレニュースカレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年01月のニュース

ニュース動画一覧

■新年を祝う 真岡鐵道SL新年号 (19-01-05)

真岡鐡道で5日、新年を祝う特別列車「SL新年号」が運行された。午前10時ごろの下館駅にはお正月らしく「謹賀新年」のヘッドマークをつけたSL新年号の姿をカメラで納めようと多くの人が訪れた。午前10時35分、終点の茂木駅に向けて出発。ほぼ満席となる約200人が乗車した。車内では真岡市特産のイチゴなどが当たるおみくじ抽選会が行われ新春のSLの旅を楽しむ姿が見られた。真岡鐡道のSL新年号は6日も運行される。

■宇都宮市長会見 「100年先まで持続的な発展へ」(19-01-04)

宇都宮市の佐藤栄一市長も4日、新春会見を開き、ことしの主な取り組みの一つとして、優先交渉権者が決まったJR宇都宮駅東口地区の整備事業を挙げ、2019年中の着工を目指すと述べた。また、タブレット端末の通訳機能を活用した窓口サービスの向上を図るという。さらに市への問い合わせに対して人工知能を使って応対するサービスの試行的な運用を始め、ホームページなどで24時間問い合わせに応じる窓口の実現を目指す方針。宇都宮のさらなる活性化につなげる1年にしたいと意気込みを述べた。

■1年の無事祈り矢を放つ 武射祭(19-01-04)

日光二荒山神社で4日、室町時代から続く伝統行事「武射祭」が行われた。赤城山(群馬)に向かって矢を放ち1年の無事を祈る神事で毎年1月4日に実施。新たに就任した中麿輝美宮司が「ヤー」というかけ声とともに一番矢を放ち、続いて神職や弓道の愛好者など約20人が次々と矢を放った。矢を拾うと社務所でお守りを付けてもらえることもあり、参拝者はこぞって矢を拾っていた。

■冬季国体も県内で 新春知事会見(19-01-04)

福田富一知事は4日、新春会見を開き、2022年県内開催が内定している国民体育大会で、冬季大会も県での開催に向けて前向きに調整する考えを示した。1月9日、スポーツ庁などの関係者が福田知事を訪れスケート競技とアイスホッケー競技を県内で開催するための要請書を提出するという。正式な要請を受けた後、県も日光市や競技団体に開催が可能かどうかを打診する方針。夏冬の国体の同年開催は県として初。冬季大会の会期は2022年1月から2月までの5日間程度になる見通し。また会見では知事をトップとする国際戦略推進本部を新年度設置することも発表された。

■全国高校サッカー 矢板中央はベスト8進出決める(19-01-03)

 全国高校サッカー選手権大会は3日、3回戦が行われ、栃木代表の矢板中央はベスト8を懸け、島根代表の立正大淞南と対戦し、1対0で接戦を制した。前半2分、矢板中央はフリーキックのチャンスをつくり、ゴール前の混戦から五十嵐が放ったシュートにキャプテンの白井がうまくヒールで流し込み、幸先よく先制点を奪った。その後、立正大淞南の早いカウンターに手を焼くが、堅い守りでゴールを割らせず、矢板中央が最後まで1点を守り切り、ベスト8進出を決めた。矢板中央の次の試合は5日、準々決勝で青森山田と対戦する。  

■大田原市や高根沢町でひと足早い成人式(19-01-03)

 今月14日の「成人の日」を前に、大田原市と高根沢町では3日、ひと足早く成人式が開かれた。このうち高根沢町ではスーツや和服に身を包んだ約230人の新成人が式に臨んだ。代表して挨拶に立った渡辺 穂香さんは、多くの人に支えられてきたことへの感謝と将来の抱負を述べた。新成人たちは中学校の恩師との再会を喜び、当時の思い出話に花を咲かせていた。県によると、今年は前年に比べ257人少ない2万329人が成人の仲間入りをするという。

■那須で住宅火災 母屋や物置燃える(19-01-02)

 2日午前10時半ごろ、那須町寺子乙で木造2階建ての母屋と物置が全焼する火事があった。この家には女性(73)が1人で住んでいたが、けがはないという。警察と消防で出火原因を調べている。

■新春のとちおとめ楽しむ 真岡でイチゴ狩り営業スタート(19-01-02)

 真岡市の井頭観光いちご園で2日、今シーズンの営業が始まった。オープン初日は例年500人以上が来場するといい、この日も県内外から多くの人が訪れた。井頭観光いちご園では4軒の生産者が約50棟のハウスで「とちおとめ」を栽培し、時間無制限でイチゴ狩りを楽しめる。訪れた人は真赤に熟したとちおとめを食べて笑顔をみせた。5月12日まで営業予定。

■女性殴られ現金9000円など奪われる 佐野(19-01-02)

 2日未明、佐野市金井上町で歩いて帰宅途中だった女性(61)が後ろから来た自転車の男に顔などを殴られ、現金約9千円やカードなどが入ったバッグを奪い取られた。佐野警察署で路上強盗事件として調べ、逃げた男の行方を追っている。

■全国高校サッカー 矢板中央2回戦突破(19-01-02)

全国高校サッカー選手権大会は2日、2回戦が行われ、矢板中央が日章学園(宮崎)と対戦した。矢板中央は前半20分、クロスボールからのこぼれ球をフリーで受けた望月がシュートを決め先制点を奪う。後半15分、望月がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを飯島が落ち着いて決め追加点を挙げた。その後一進一退の攻防が続くも矢板中央が2−1で3回戦進出を決めた。矢板中央は3日、等々力陸上競技場(川崎市)で立正大淞南(島根)と対戦する。

■初詣 各地でにぎわう(19-01-01)

1日、県内各地の神社やお寺では初詣に訪れた人たちでにぎわった。宇都宮市の中心部にある宇都宮二荒山神社も多くの人が訪れ、1年が良い年になるようにお参りをしたり、おみくじや縁起物を求めて長い列を作っていた。一方、神社では朝から関係者が今年最初の祈祷祭を執り行った。今回は平成最後の正月ということもあり、新しい年、新しい年号のもとでも平和な1年になるように祈っていた。

■全国高校ラグビー 國學院栃木 報徳学園に敗れる(19-01-01)

全国高校ラグビー大会は3回戦が行われ國學院栃木は報徳学園(兵庫)と対戦した。先制を許した國學院栃木は前半14分、自慢のフォワード陣で徐々に相手ゴールに迫ると、最後は超重量級、125キロの藤倉がトライを決めた。前半を26対7で終え、後半にも2つのトライを奪われた國學院栃木だが、後半7分、中里の突破から最後は安達がトライ。13分にも石母田が執念でねじ込むも反撃及ばず。國學院栃木は57対19で敗れ7年ぶりのベスト8進出はならなかった。
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • SOUND30
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • とちテレSHOP