とちテレニュースカレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年04月のニュース

ニュース動画一覧

■小山で高額窃盗 3000万円(19-04-10)

9日午前9時ごろ小山市大行寺に住む87歳の男性が戸締りをして外出し午後4時半ごろに帰宅すると家の中が荒らされた。小山警察署にると家は平屋建てで北西側の窓ガラスが割られていてそこから鍵を開けて何者かが侵入した可能性がある。寝室や居間などにあった現金3,000万円とネックレスなどの貴金属類が盗まれた。男性は家族と同居しているが、外出から帰るまでの間、家の中には誰もいなかった。警察は窃盗事件として調べている。

■季節外れの寒さ 各地で雪(19-04-10)

低気圧と強い寒気の影響で県内では10日、広い範囲で雪となった。11日にかけて山沿いでは大雪の恐れがあるとして気象庁では交通への影響や雪崩に注意するよう呼びかけている。宇都宮地方気象台によりますと東日本の上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んでいて日中の最高気温は宇都宮で4度奥日光では氷点下1度と真冬並みの冷え込みとなった。

 

■「間々田のじゃがまいた」に指定証書(19-04-10)

小山市の祭り「間々田のじゃがまいた」について10日東京都内で文化庁の宮田亮平長官から重要無形民俗文化財の指定証書が間々田のじゃがまいた保存会に手渡された。今回で県内で指定された国の重要無形民俗文化財は5件になる。小山市間々田地区に伝わる「間々田のじゃがまいた」は「蛇祭り」とも呼ばれ毎年5月5日に五穀豊穣や健康などを願い開かれる。

■新元号「令和」 出典の万葉集を特別展示(19-04-09)

新元号「令和」の出典である万葉集の展示が足利市の史跡足利学校で行われ注目を集めている。足利学校で特別展示されている万葉集は足利市ゆかりの画家田崎草雲にちなんだ品。西暦1800年頃に出版されたという展示された万葉集は全20巻で構成。「令和」の出典はこのうちの第5巻。足利学校では、万葉集に加えて明治から平成までの4つの元号の出典となった書籍も一度に見ることができる特別展示を4月20日から予定している。

■県議選 当選議員に当選証書(19-04-09)

4月7日に行われた県議会選挙の当選者に当選証書が手渡された。今回の選挙では無投票で当選した6選挙区の11人を含め50人が当選。このうち宇都宮市役所では、宇都宮市・上三川町選挙区で当選した本人など13人に市選挙管理委員会の井澤清久委員長から当選証書が手渡された。当選した議員は4月30日からの4年間の任期で人口減少や地方創生など地域の課題に取り組んでいく。

■サクラの下を騎手の卵たちが馬とともに(19-04-09)

観桜乗馬は地方競馬教養センターで学ぶジョッキーの候補生たちが普段の練習場とは違う環境で乗馬に慣れることや馬のリフレッシュも兼ねて、毎年行っている。15歳から19歳の候補生25人が片道約6キロを歩いた。サクラは4月に入り花冷えが続いたため 例年よりも開き具合は遅いという。春の美しい景色の中、センターで2年間、騎手として必要な技術と知識の習得に励む候補生たちは、卒業後の活躍を夢見てゆっくりと歩を進めていた。

■那須塩原市長選挙 渡辺美知太郎氏が出馬表明(19-04-08)

那須塩原市の君島寛市長の死去に伴い行われる市長選挙で故・渡辺美智雄元副総理の孫、渡辺美知太郎参議院議員が8日、県庁で会見を開き無所属で出馬し自民党推薦を目指す考えを示した。市議会議長を務めていた君嶋一郎氏も出馬表明している。渡辺氏は財務政務官を8日辞職し、近く参議院議員を辞職するという。今年の参議院議員選挙では自民党公認が内定していた。「力添えしてもらった方々には申し訳ない」と話した。選挙は今月14日告示、21日に投開票。

■大学で朝食無料サービス(19-04-08)

小山市の大学では新入生に規則正しい生活をしてもらおうと今年で20回目の朝食無料サービスを開始。メニューは毎日違い、8日は豆腐ハンバーグの根菜ソースとひじきの炒め煮、マカロニサラダ。毎日平均600食の提供予定で一人暮らしの学生を中心に多くの学生に利用してほしいという。このサービスは土日を除き今月26日までで、5月7日からは年間を通して100円で提供。

■新人消防職員新たな一歩を踏み出す 入校式(19-04-08)

新人消防職員たちの県消防学校入校式が8日行われ、県内11の消防本部などから68人が入校した。そのうち5人が女性。9月までの約6カ月間、消防職員として必要な知識や技術のほか、全寮制で思いやりや協調性を育む。星守広校長は「全国的に災害が多発していて県民も消防職員に大きな期待を寄せている。優秀な職員になるよう努力してほしい」と呼びかけた。
  • SOUND30
  • とちテレSHOP
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • バーチャル高校野球
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」