とちテレニュースカレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年06月のニュース

ニュース動画一覧

■職人の技を体験「職人祭」(19-06-16)

建設業に携わる職人の仕事を体験できるイベントが16日、宇都宮市のバンバ広場で行われた。このイベントは、足場の組み立てなどを行う宇都宮市のユウケイ工業の音頭で若い世代に建設業の仕事の魅力を伝えようと毎年開催している。今年は14の企業が出展した。ブースでは、子どもたちが職人と一緒に仮説の足場を組み立てた。その他にも、重機の搭乗体験やカンナ掛けなどのコーナーもあり子どもたちは真剣な表情で挑戦した。イベントの目玉は建物が完成した後も無事であることを願う模擬上棟式。福田 富一知事も参加して、お菓子やモチなどをまき子どもたちは、大喜びの様子だった。

■シルバー大学校OBが演芸を発表(19-06-16)

県シルバー大学校の卒業生たちが日頃の練習の成果を披露する発表会が16日宇都宮市内で行われた。この「演芸発表会」は県シルバー大学校の卒業生が組織する同窓会の活動の一環で開催している。メンバーが12の演目を発表した。中でも観客を惹きつけていたのがマジックショーだ。空の筒から花を出す手品やカードを使ったマジックなどが次々に披露され会場を盛り上げた。その他にも、オカリナやウクレレ、フラダンスなど息の合った出し物を演じ、普段の練習の成果を発揮していた。参加者たちは、年間を通じて老人ホームに訪問して演芸を発表するボランティア活動を行っていて今後も社会貢献活動を行っていくということだ。

■人間国宝の陶芸家十四代 今泉今右衛門さん展覧会(19-06-16)

東武宇都宮百貨店の開店60周年を記念し、人間国宝の陶芸家十四代 今泉今右衛門さんの展覧会が開かれている。十四代今泉今右衛門さんは佐賀県の有田で江戸時代から続く色絵磁器の窯元でその名前を受け継ぎ、2014年には人間国宝の認定を受けている。ここで個展を開くのは6年ぶりで会場には新作を中心におよそ70点の作品が並んだ。そのほか特別コーナーとして今泉家歴代の作品も展示されている。16日の展覧会では、十四代今泉今右衛門さんによるギャラリートークも行われ、これまで作品といかにして向き合ってきたかなどを語った。この展覧会は6月19日まで開かれている。

■栃木県は今年で146歳 県民の日記念イベント(19-06-15)

6月15日は郷土への理解と関心を深める「県民の日」。県庁では栃木の魅力を楽しめる記念イベントを開催。1873年に当時の宇都宮県と栃木県が合併し、おおむね今の形の栃木県が誕生。福田富一知事は「栃木の良さを再発見してほしい」とあいさつした。参加者は郷土への思いを込めて県民の歌を合唱。イベントには約1万人が訪れ、牛乳や鮎などふるさと栃木の味を楽しんだ。

■記念すべき来場200万人目 道の駅ましこ(19-06-15)

3年前にオープンした益子町の道の駅ましこで15日、来場者数が200万人を超え、記念セレモニーが開かれた。記念すべき200万人目になったのは、横浜市から来た夫婦。結婚してからちょうど21年目の15日、旅行で日光に行く途中に昼食のため立ち寄ったという。2人には益子町の大塚朋之町長から花束や道の駅ましこのギフトが贈られた。

■右・左・右と左右を確認 保育園で交通安全教室 (19-06-15)

今年5月、滋賀県大津市で散歩中の保育園児2人が死亡した事故を受けて14日、さくら市のわくわく保育園で交通安全教室が開かれた。講師のさくら警察署の警察官は車やオートバイの音を実際に出して周りの音に注意しながら歩いてほしいと話した。園の庭に描かれた横断歩道で園児たちは手を上げて、右・左・右と左右を確認し安全にわたる練習を行った。

■宇都宮市議会6月定例会開会(19-06-14)

宇都宮市議会が6月定例会の開会日を迎え、恒例の議場ジャズコンサートが開かれた。宇都宮出身のジャズヴォーカリスト岩田留美子さんら3人が演奏を披露した。開会した宇都宮市議会では街路整備費やLRT整備推進費など約37億3000万円に上る一般会計補正予算案など17議案が提出された。また今後、吉田信博副市長の後任に関する人事案が提出される見込み。宇都宮市議会6月定例会は来月3日まで。

■県民の日を前に功労者を表彰(19-06-14)

今回は教育など7分野で功績を挙げた41人と3団体が表彰を受けた。表彰式では那須烏山市議会議員の中山五男さんと宇都宮餃子会の鈴木章弘事務局長が代表して福田知事から賞状を受け取った。福田知事は「魅力溢れる栃木づくりのためにそれぞれの分野で活躍してほしい」などとエールをおくった。

■JRで人身事故を想定した訓練(19-06-14)

JR東日本によると、県内の人身事故はここ3年間で増加し、2018年では15人が死亡しているという。訓練では車輪に腕を挟まれた人を救助するため、車輪の下に敷いた袋に空気を入れて車両を浮かせるデモンストレーションや乗客を降ろす場合に設置するはしごの使い方など、緊急時の対応について学んだ。また、人身事故が発生した場合に運転を再開させるまでの関係機関との連絡方法などを確認した。

■昭和を感じる特別展示(19-06-14)

  • とちぎのキラリびと
  • とちテレ公式YouTube
  • とちテレSHOP
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン