とちテレニュースカレンダー

2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■ミュージシャンと中学生が共演向けて初練習(19-06-23)

7月に那須塩原市でライブを開く福岡県出身で東京都在住のシンガー・ソングライター野田徹さんが、共演する三島中学校吹奏楽部の3年生と初めての練習に臨んだ。練習では野田さんの曲「ウィズ・ユー」を演奏。野田さんは4年ほど前に旅行で那須塩原市を訪れたことをきっかけに那須地域のカフェのオーナーたちと交流が広がり、そこでライブを行うように。今回、地元の人たちとまちを盛り上げようとライブを企画した。生徒たちは野田さんなどから担当する楽器ごとに細かいアドバイスを受けたりと本番に向けて意識を高めていました。ライブは7月13日に那須塩原市の三島ホールで開かれる予定。

■「安全運転ドッグ」で運転技能を確認(19-06-23)

高齢ドライバーによる交通事故を防ぐための講習会が那須塩原市で行われた。これは県交通安全協会と那須塩原市の自動車教習所が行ったもの。参加者はブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故について講義を受けたあと、実際に車に乗り、アクセルペダルを一気に踏んでしまった時に急加速する「キックダウン」を体験。また教習所のS字カーブなどで運転技能について教官からアドバイスを受けた。県警察本部によると、県内で高齢者が絡んだ交通事故は今年に入ってから6月19日現在で1032件発生しており、去年の同じ時期と比べておよそ100件増えているという。

■「さくら道」記念式典 小山市(19-06-23)

JR小山駅の東西をつなぐ自由通路「さくら道」が完成して7年を記念する催しが23日に開かれた。式典には小山市の大久保寿夫市長などが出席。「さくら道」は今から7年前の6月23日に誕生し、それまで線路で分断されていた小山駅の東西が自由に行き来できるようになった。新幹線のほか在来線が東西南北から伸び国道もクロスする小山市は現在人口16万7000人でその数は増え続けている。さくら道は街を回遊するうえで欠かせない存在になっており、関係者は利便性をさらに生かして地域の活性化を図りたいと話していた。

■平野早矢香杯 未来の選手たちが熱戦 (19-06-22)

卓球女子団体のロンドン五輪銀メダリストで鹿沼市出身の平野早矢香さんにちなんだ卓球大会が22日開かれた。今回で7回目。県内だけでなく三重など全国各地から集まった幼稚園児から中学生までの約870人が参加。平野さんから自分の考えを持ってプレーをする大切さを教わった選手たちは相手の動きをしっかりと見ながら一球一球大切に打ち、栄冠を目指して熱い戦いを繰り広げた。

■夏の高校野球栃木大会 歌声響かす生徒が決定(19-06-22)

7月12日に開幕する第101回夏の高校野球栃木大会の開会式で大会歌「栄冠は君に輝く」などを独唱する高校生のオーディションが22日、宇都宮市内で行われた。今年は県内の高校23校から各学校の代表23人が参加。大会歌独唱には宇都宮短期大学附属高校音楽科3年の岡本鈴香さん、国歌独唱には宇都宮女子高校合唱部3年の臼井寧音さんが選ばれた。2人の歌声は開会式で披露される。

■県内で事故相次ぐ 3人死亡(19-06-22)

23日夜から22日にかけて県内では交通事故や鉄道での人身事故が相次ぎ3人が死亡した。栃木市惣社町の県道交差点で乗用車とオートバイが出合い頭に衝突した。バイクに乗っていた近くに住む毛塚正敏さん(56)が死亡。人身事故が発生した鹿沼市では県西地域在住の少年(16)、野木町では高齢男性が死亡。警察でそれぞれの事故について詳しい原因を調べる。

■元気寿司が株主総会(19-06-21)

回転ずしチェーン大手の元気寿司は宇都宮市内で株主総会を開き先日発表されたスシローグローバルホールディングスとの資本業務提携の解消を報告した。スシローと元気寿司の経営統合に向けて協議を進めてきたが将来的なブランド戦略の違いや、アジア地域における店舗展開方式の違いなどが明確となったとして先日、資本業務提携の解消を発表した。法師人 尚史社長は統合が白紙となった理由を「経営統合するよりも独立した企業としてそれぞれの戦略を独自に且つ柔軟に推し進めることが両社の企業価値を高めるために最適であるとの結論に至りました」と株主たちに説明した。

■参院選まで1カ月 公開討論会を開催を発表(19-06-21)

日本青年会議所関東地区 栃木ブロック協議会が会見を開き、7月1日に宇都宮市で公開討論会を開くと発表した。公開討論会は7月1日午後6時半から宇都宮市江野町のオリオンスクエアで開かれる。参議院栃木選挙区にはこれまでに自民党の現職、高橋 克法氏(61)と野党5党派の統一候補として立候補する立憲民主党の加藤 千穂氏(43)、そして「NHKから国民を守る党」の新人、町田 紀光氏(40)が立候補を表明していて三つ巴の戦いとなる公算が大きくなっている。加藤氏と高橋氏はすでに正式に参加が決まっていますが町田氏は打診中。

■百貨店でお中元商戦本格化(19-06-21)

県内の百貨店では令和になって初めてのお中元商戦が本格化している。宇都宮市にある東武宇都宮百貨店には、19日からお中元ギフトセンターが設けられた。今年、用意された商品は約1300点。中でも大谷石の石室で熟成させたベーコンや卵といった商品が初めて登場するなど栃木の魅力を伝える商品も充実している。お中元商戦のピークは6月30日から7月7日で東武宇都宮百貨店宇都宮本店では7月22日までお中元ギフトセンターを設けて対応する。

■栃木のイチゴ 生産量52年連続日本一が確実(19-06-20)

栃木県産のイチゴの出荷量の大半を占めるJAグループが取り扱う今シーズンのイチゴの出荷量と販売金額が日本一になることが確実となった。これにより栃木のイチゴの生産量は52年連続で日本一となる公算が高くなっている。

■キャッシュレス決済の理解深める 日光(19-06-20)

外国人観光客の獲得に向けて注目されているキャッシュレス決済について理解を深めようと20日多くの観光客が訪れる日光市でセミナーが開かれた。これはキャッシュレス決済の導入を検討している中小企業を対象に足利銀行が開いたもの。経済産業省関東経済産業局が今年10月からの消費税増税に伴う還元事業について説明した。一定の条件を満たした事業者は端末が無料で導入でき決済の手数料が約2%台で利用できるほかスマートフォン用の決済アプリ「Jコインペイ」で外国人観光客の買い物客にも対応できるということもPRしていた。

■相撲・三田選手 世界選手権へ意気込み(19-06-20)

相撲の世界選手権に日本代表として出場する黒羽高校の三田 大生選手が20日、県庁を訪れ福田 富一知事に大舞台への意気込みを語った。三田選手は先月、富山県で開かれた相撲の「第1回全日本個人体重別選手権大会」の男子ジュニア100キロ未満の部で全勝優勝し、10月にハワイで行われる世界ジュニア相撲選手権に日本代表として2年連続での出場を決めた。去年は3位、今年は優勝を狙うと誓った。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちぎのキラリびと
  • とちテレSHOP
  • とちテレ公式YouTube
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」