とちテレニュースカレンダー

2021年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■県知事選で事前運動の疑い(20-12-22)

11月に投票が行われた県知事選挙で告示前に投票を呼び掛ける文書を配ったとして県警は22日までに公職選挙法違反の疑いで宇都宮市議会の櫻井啓一議長や福田知事の次男の福田陽市議など合わせて6人を書類送検した。桜井氏は文書の配布を認めた上で21日付で議長職の辞表を提出したと明らかにした。福田氏も「本当に申し訳ない」と反省の言葉を述べた。

■物流倉庫で火事 9時間後に鎮圧(20-12-21)

 21日午前7時45分ごろ、宇都宮市平出工業団地にある久和物流平出物流センターら「煙と炎が出ている」と倉庫関係者から消防に通報があった。宇都宮東警察署によると、火は通報から9時間以上経った午後5時過ぎに消し止められ、けが人はいなかった。倉庫では玩具や菓子を保管していた。

■新たに17人 県内累計1039人に(20-12-21)

 県と宇都宮市は21日、同市や壬生町、足利市など県内6市2町と群馬県在住の20代から70代の男女17人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者は11人。壬生町の50代夫婦と群馬県の30代の女性は、それぞれ別の県内医療機関で働く医療従事者だった。

■僧が恒例の餅つき 日光山輪王寺(20-12-21)

 日光山輪王寺で21日、山伏の修行をする修験僧が餅をつく年末恒例の伝統行事「御供加持」が行われた。餅は仏神に対する最高の供え物とされ、山伏の携帯食だったという。朝8時半ごろから僧らが白い息を吐きながら、代わるがわる杵を降ろして5キロの餅をつき、三仏堂のご本尊に供えた。年末までに120キロの餅を作り、鏡餅にして輪王寺内の約100カ所に供えるという。

■新型コロナ 新たに20人(20-12-20)

県と宇都宮市は20日、新たに20人の新型コロナウイルスの陽性が判明したと発表した。内訳は県の検査で18人、宇都宮市の検査で2人。県内の感染確認は19日に1千人を超えたが入院者数は日々増えて267人病床の稼働率は19日現在で42.5%と50%に近づいている。重症者の数は1人減って10人。

■全国知事会 GoTo順次再開を(20-12-20)

全国知事会は20日オンラインで開いた新型コロナウイルス対策本部の会合で、国への緊急提言をまとめ「GoToトラベル」の全国一時停止が終わる2021年1月12日以降の対応方針を国が早期に示すよう求めた。福田富一知事は停止に伴う交通事業者や土産物店など観光事業者への支援を手厚く行うことを求めた。

■日光東照宮すす払い(20-12-20)

年末恒例の「すす払い」が20日、日光東照宮で行われた。えぼし、浄衣姿の神職や巫女が彫刻などを傷つけないよう、長さ約4メートルの笹竹を小刻みに振りながら慎重に境内のほこりをはらい清めた。日光東照宮では大みそかの午後4時から「大祓い」と「除夜祭」が、元日は午前0時から初詣の参拝を受け入れる予定。新型コロナウイルス感染防止対策として参拝の時期をずらすなど分散参拝への協力を呼びかけている。

■新たに13人感染 累計1,000人超える(20-12-19)

県は19日、新たに13人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内で感染が確認されたのは累計1002人となり、11月9日に500人を超えてからわずか1ヵ月半で倍増した。感染を確認したのは、群馬県、那須塩原市、小山市壬生町、真岡市、足利市、佐野市に住む10代から70代の男女13人。福田富一知事は「危機的状況に至ったことを県民と共有したい。現状を分析して年末年始に向けた対策に取り組みたい」と改めて感染防止対策の徹底を呼びかけるコメントを発表した。また県は、県内の医療機関に入院していた1人が死亡したと発表した。埼玉県では、1日の感染者数としては過去最多の226人の感染を確認。群馬県では1人の死亡と30人の感染を発表した。

■冬を元気に乗り切ろう! カピバラがゆず湯満喫(20-12-19)

21日の冬至を前に、那須どうぶつ王国で、カピバラが一足早く「ゆず湯」を堪能した。「ん」のつく食べ物を食べて運をつけてもらおうという願いも込め、今年はりんごや南瓜なども浮かべられた。19日の施設周辺は、朝から雪が降りしきる厳しい寒さとなり、カピバラは、じっくりとゆず湯に浸かり気持ちよさそうな表情を見せていた。

■銀世界のゲレンデをサンタが滑走(20-12-19)

マウントジーンズ那須で19日、サンタクロース姿のスキーヤーやスノーボーダーがゲレンデを滑る恒例のイベントが行われた。サンタクロースの衣装で滑るとリフトが一日無料になる。今年は約100人のサンタが集まった。ここ数年は暖冬の影響で雪が少ない年が続いていたが、12月14日からの寒波でゲレンデはすっかり銀世界。現在、5つのコースのうち滑走できるのは初級コースだけだが、年明けの1月上旬までにすべてのコースでオープンを見込んでいる。
  • チラシビジョン
  • 島守の塔
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • イブ6プラス
  • ミヤリーの部屋