とちテレニュースカレンダー

2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■ブロック別市町村長会議(20-06-25)

 

■県独自の高校野球の交流試合がトーナメント形式に決定(20-06-24)

7月18日から開かれる予定の県独自の高校野球の交流試合について、県高野連は24日の理事会で、予定していた1チーム1試合の形式を変更しトーナメント形式で開催することを決めた。各校の保護者や会議の出席者などからトーナメント形式での開催を望む声が多数上がったことから、高野連の理事会がトーナメント形式への変更を決めた。抽選会は7月7日に行われる見通し。

■めぶきFG株主総会 清水和幸氏が足利銀行頭取に(20-06-24)

足利銀行と茨城県の常陽銀行を傘下に持つめぶきフィナンシャルグループが24日、宇都宮市内で株主総会を開いた。終了後に開かれた足利銀行の取締役会で清水和幸氏が正式に頭取に決まった。集団感染のリスクを避けるため郵送やインターネットでの議決権の行使を呼びかけたこともあり、24日はいつもの年より大幅に少ない43人が総会に出席した。

■鹿沼・磯山神社でアジサイが見ごろ(20-06-24)

梅雨を彩るアジサイの花が鹿沼市の磯山神社で見ごろを迎えている。青や紫のアジサイの花が参道を鮮やかに彩っている。約180メートルつづく参道や神社の周辺には合わせて約2500株のアジサイが植えられている。境内にはアジサイの見ごろを聞きつけたカメラマンが訪れ写真を撮るなどして梅雨のひと時を楽しんでいた。アジサイの見ごろは今月末まで。

■県のコロナ補正 29日採決(20-06-24)

 

■小学校で華道教室(20-06-24)

 

■2019年の観光客9228万人 8年ぶり減少(20-06-23)

JRグループの大型観光企画アフターDCの期間であった4月から6月は前年比で40万人増加だったが、東日本台風があった10月から12月では331万人の減少した。宿泊者数は全体で1万2千人減った一方で、外国人の宿泊者数は10%、2万4千人増え過去最高の伸び率となった。新型コロナウイルスの影響で今年の観光客数はすでに厳しい状況にあり、県は県民向けの宿泊割引「一家族一旅行」などの取り組みを推進して観光業を後押ししていきたいとしている。

■感染の怖さ語る バックス相馬選手(20-06-23)

新型コロナウイルスに感染し入院していたHC栃木日光アイスバックスの相馬秀斗選手が退院し、報告の会見を開いた。札幌市出身の相馬選手は実家に戻っていた5月2日に発熱。熱が続いたため検査した結果陽性とわかり入院していた。相馬選手は陽性が分かったときは「ショックだった」と振り返り、入院期間中は軽症で症状がなく「熱などの症状がなくても感染している人もいるのが怖いと思う」と改めて新型コロナウイルスの恐ろしさについて語った。

■登山シーズン 山の事故に備え山岳救助訓練(20-06-23)

日光市萩垣面の高さ約20メートルの岩壁で日光警察署の山岳救助隊12人が訓練を行った。2019年、県内では山岳遭難事故が55件発生し13人が亡くなっている。うち19件、4人が日光警察署管内。雨で岸壁が滑りやすくなっている状況の中、隊員らは山で遭難した人を迅速かつ安全に助け出すための手順を確認した。

■2期目の矢板・齋藤市長に聞く(20-06-23)

 

■雇用維持・経済回復へ共同宣言(20-06-23)

 

■渡辺元知事 7月11日お別れの会(20-06-23)

 

■U字工事などが応援メッセージ(20-06-23)

 

■ウェブで合同企業説明会 26日まで(20-06-22)

県内企業への就職を希望する若者向けの合同企業説明会が、ウェブ上で始まった。これは栃木労働局が開催したもの。対象は来年3月に卒業予定の学生など35歳以下の若者で、県内に事業所がある約120の企業が参加する。1日25社ほどが説明する予定で、今月26日まで開かれる。
  • とちテレSHOP
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • イブ6プラス
  • ミヤリーの部屋
  • うたの王様 よくあるご質問