とちテレニュースカレンダー

2020年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■壬生で住宅全焼 焼け跡から遺体(20-01-09)

 9日午前7時ごろ、壬生町おもちゃのまち1丁目の住宅の2階から煙が出ていると近くに住む男性が消防に通報した。火は約1時間半後に消し止められたが、鉄骨2階建ての住宅、122平方メートルが全焼し焼け跡の2階から身元不明の1人の遺体が見つかった。警察によると住宅には複数の外国人が住んでいたとみられ、そのうちの1人と連絡が付かないという。現場は東武宇都宮線おもちゃの駅から600メートルほど離れた住宅街。

■20年ぶりに葺き替え 国重要文化財の寺で(20-01-09)

 国の重要文化財に指定されている大田原市黒羽の大雄寺で、茅葺屋根の葺き替え作業が20年ぶりに始まった。室町時代の様式を今に伝える大雄寺は600年以上の歴史があり、境内の建物の多くが茅葺屋根。本堂の茅葺屋根が痛みが進んだため、職人たちが1メートルほどの新しい茅を差し込んでいく「差し茅」という方法で1ヵ月半かけて葺き替える。今後は禅堂などの葺き替え作業も順次、進めていく方針。

■県民の安全守る 威風堂々と行進(20-01-09)

 県警察本部は9日、年頭恒例の視閲式を県警察学校で行い、県民の安全を守る警察官たちが威風堂々と行進などを披露した。天候にも恵まれ一般の見学者など約1500人が見守る中、県警音楽隊の演奏に合わせてカラーガード隊が先頭を切って入場。機動隊の隊員など305人が続いた。白バイ20台とパトカーも一糸乱れぬ走行を見せた。原田 義久本部長は「県民の安全と安心の確保に心を新たにして一層努めていく」と呼びかけた。

■意見を”ぶっつけ”人口増へ組織立ち上げ 鹿沼市長会見(20-01-08)

鹿沼市の佐藤 信市長は8日、年頭の会見を開き、台風19号からの復旧や人口減少対策など持続的な発展ができる街づくりを進めたいと今年の抱負を述べた。また急速に進む人口減少に対し即効性がある政策に取り組むための営業戦略本部「いちご市ぶっつけアイデア本部」を新たに設置したと明らかにした。

■県立高全日制の平均倍率は「1.11倍」 中学生進路希望調査(20-01-08)

今春卒業する県内の中学3年生を対象にした進路希望調査の最終の結果が8日、発表された。県立高校全日制の平均倍率は去年と比べ0.03ポイント減って1.11倍に。最も倍率が高かったのは宇都宮工業高校の建築デザイン系が2.70倍。一方、今市工業の電気科が0.35倍、日光明峰高校の普通科が0.43倍、来年度から名称を変更する那須清峰高校の機械制御科が0.43倍など定員に満たないのは29校49科と去年に比べて5校6科増加した。全日制の学力検査は3月5日に、合格発表は3月11日に行われる。

■東京五輪に向け一体で 署長会議開催(20-01-08)

県内すべての警察幹部を集めて行われる新年初の警察署長会議が8日、県警察本部で開かれた。原田 義久本部長は今年の夏に東京オリンピック・パラリンピックが開かれることからテロの防止に向けた警戒など官民一体の対策が必要だと呼びかけた。県警察本部によると去年1年間の殺人や強盗、窃盗などの「刑法犯」の認知件数は16年連続で減少しているほか、交通事故の発生件数と負傷者の数も同じく16年連続で減らすことができたという。

■世界初!さつき染めのお雛様(20-01-08)

 

■台風19号の復興へ 比企病院が県に義援金(20-01-07)

台風19号からの復旧・復興に役立ててもらおうと宇都宮市にある比企病院の比企達男理事長と比企洋子常務理事らが福田富一知事に義援金300万円の目録を手渡した。福田知事は「一日も早く被災者のもとへ届けられるよう取り組んでいく」と感謝の言葉を述べた。

■栃木SC 新加入選手を含め開幕に向けて始動  (20-01-07)

サッカーJ2の栃木SCが2月23日の開幕に向けて7日、宇都宮市内で今シーズン初の全体練習をした。参加したのは新潟から完全移籍した元日本代表のフォワード矢野貴章選手など新加入選手12人を含めた選手26人。昨シーズンJ3降格の危機を経験したチームは今年、ハードワークし足を止めないサッカーを掲げている。選手たちは開幕に向けて体幹トレーニングや走り込みを実施。栃木SCは1月12日に宇都宮市内で必勝祈願を行う。

■無病息災を願っていただきます!七草がゆ(20-01-07)

1月7日は一年の無病息災を願い七草がゆを食べる七草の日。栃木市岩舟町の龍鏡寺では七草がゆを振る舞う「七草会」が開かれ、約30人が集まった。七草がゆの伝統を後世に伝えようと1996年から毎年開催。訪れた人たちが地域に伝わる七草囃子を口ずさむなか荻原明総代が無病息災などの祈りを込めて七草を包丁で刻み、般若心経を唱えて釜の中の粥と一緒に煮込んだ。訪れた人たちは暖かい七草がゆで体を温めながら今年一年の健康を願った。
  • とちテレゴルフ
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • とちテレ公式YouTube
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」