とちテレニュースカレンダー

2020年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■高性能マスク 園児に寄贈(20-05-20)

 

■夏の甲子園中止(20-05-20)

 

■7カ月の乳児死亡 父親逮捕(20-05-20)

 

■県内61例目感染者の詳細明らかに(20-05-19)

宇都宮市は19日、県内61例目の新型コロナウイルス感染者の市内在住女性(60代)について詳細を発表した。女性はヨークベニマル戸祭店(同市)で商品陳列を担当。今月16日午後から疲労感があり、夕方に37.7度の発熱、強い咳の症状もあったため、同日夜に県のコールセンターに相談。17日に熱が38.5度まで上がり、18日PCR検査の結果陽性が確認された。女性は軽症で19日入院予定。濃厚接触者は市外に住む娘と孫。同店では14日に県内58例目となる女性(40代)の感染が確認されているが、2人は所属部門が別で、今月9日店舗内で1分程度立ち話をしたという。店舗は昨夜から臨時休業し当面の間営業を取りやめる。職場の同部門の7人と更衣室を同時間に利用した同僚2人は19日PCR検査を行う。

■地域おこし協力隊員が児童にアートのプレゼント(20-05-19)

 県内の小中学校などの休校が続く中、足利市の地域おこし協力隊のメンバーが児童が自宅で楽しめる『テレ・ワークショップ』を行った。企画したのは秋山佳奈子さん。大学で版画を専攻していて、毛野南小学校の3年生41人と「エッヂング」という技法を使ったオリジナルのしおりを作った。登校日にアクリル板を配りそこに事前に釘などの尖ったもので好きな絵柄を描いてもらっており、この日はアトリエで印刷作業が行われた。

■国道50号をパトカーが集団走行!安全呼びかけ(20-05-19)

 赤色灯を光らせたパトカー13台が集団で国道50号を走行!佐野警察署と交通機動隊などの警察官で作る「R50チームパトロール」によるもので、パトロールした佐野新都市交差点の跨道橋では大型トラックの追突事故で男性1人が死亡している。警察によると去年、佐野市内の国道50号で発生した人身事故は24件。うち21件が前方不注意などによる追突事故だという。国の緊急事態宣言の解除で交通量が増えることも予想され、注意を呼び掛けている。

■栃木SC 全体練習再開(20-05-19)

 

■緊急事態宣言解除でスーパーは(20-05-19)

 

■臼井プロ 母校にマスク寄贈(20-05-19)

 

■企業が佐野市に消毒液寄贈(20-05-19)

 

■栃木市の非常事態宣言が解除(20-05-18)

栃木市が4月18日から独自に出していた非常事態宣言が18日、解除された。4月27日以降、市内で感染者が確認されておらず、国の緊急事態宣言も栃木県で解除されたことによるもの。市内中心部では臨時休業していた店舗が久しぶりに店を開け、非常事態宣言前と比べると少ないものの人通りも見られた。一方で、市の観光名所のひとつ、巴波川観光遊覧船は今月末まで休業。県を越えた移動自粛は引き続き求められていて、観光関係者は「人通りが戻るのには時間がかかりそうだ」と話している。

■授業内容は年度内で消化の方針(20-05-18)

新型コロナウイルスによる休校期間が長引いたことを受けて、国は卒業年度以外の学年は授業内容を翌年度に繰り越す特例を示しているが、18日開かれた県と市・町の教育長会議で、栃木県内では授業を年度内に終えることで一致した。会議では休校明けの通常授業についても協議。県立学校は今月24日までに休校短縮、その後分散登校を経て6月1日以降は通常通りの授業にするとしていて、会議では市・町の小中学校でも同じような対応をとるよう求め、おおむね了承を得られたという(市・町は31日まで休校だが、それまで県立と同じ分散登校実施の自治体が多い)。今回は県が学校に対して作った対策マニュアルが示された。朝の検温や体調をチェックし健康観察シートに記入することや、 感染者が出た場合の初動対応などが明記されている。

■新型コロナ対策に約71億2千万円計上(20-05-18)

県は18日、総額約122億6千万円の補正予算案の概要を発表した。新型コロナウイルス対策として約71億2千万円あまりをあてている。ウイルス対策の内訳は、感染拡大防止対策に約48億円、社会経済活動の本格化に向けた取り組みに約23億円を計上。医療従事者応援金には約5億円を確保し、入院患者対応者に1日あたり8千円、外来診察対応者に1日あたり4千円を支給する。患者を受け入れた医療機関には、協力金として患者1人あたり約200万円と想定して、県が確保を目指す病床250床分の5億円を組み入れた。観光需要回復として県民が県内旅行で宿泊した場合、1泊あたり最大5千円を割り引く事業などに約3億7千万円をあてる。補正予算案は今月26日からの県議会に提出され、来月12日に採決予定。

■西岡選手 小山市にマスク寄贈(20-05-18)

 
  • うたの王様 よくあるご質問
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • 海と日本PROJECT
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレゴルフ
  • ウェルスポ