とちテレニュースカレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■宇都宮大と群馬大で共同教育学部設置構想(18-10-31)

宇都宮大学は31日、群馬大学と教育学部を一つにする「共同教育学部」の設置を検討していると発表した。2020年度の新設を目指していて、教育学部の共同学部の設置が実現すれば全国でも初めてとなる。両大学の教育学部の専門性などを生かしながらそれぞれの大学の強みも生かし地域に貢献できる人材の育成を行いたいとしている。

■矢板市で「仮称・とちぎフットボールセンター」の起工式(18-10-31)

矢板市末広町に整備される「仮称・とちぎフットボールセンター」の工事が11月上旬から始まるのを前に31日、起工式が行われ関係者が玉ぐしを奉納するなどして工事の安全を祈願した。フットボールセンターは「NPO法人たかはら那須スポーツクラブ」がサッカーコートや夜間の照明、クラブハウスなどを整備しその後、運営を行う「民設民営」方式が取られる。一方、矢板市も駐車場や通路、ゲートなどを整備し来年3月の完成を予定している。

■上松山小でクロマツの苗を掘り起し作業(東日本大震災)(18-10-31)

東日本大震災で被害を受けた防災林を再生しようとさくら市の上松山小学校では児童たちがNPO法人と協力してクロマツの苗を育てる活動を続けている。31日はクロマツの苗を被災地に植えるために6年生の児童80人が1年半かけて大切に育てた100本あまりのクロマツを掘り起こし根元を袋に入れる作業が行われた。この活動は2012年から始め、これまでに500本ほどの苗を震災で被害を受けた福島県の四ツ倉海岸に植えてきた。

■伝統の着心地を肌で感じる 結城紬着付け体験(18-10-30)

地域の特産品や伝統文化を学ぼうと小山市と茨城県結城市の生徒が30日、「結城紬」の着物を身に付け着心地を体験した。これは小山市の絹義務教育学校が毎年行っているもので、中学1年生にあたる絹義務教育学校の7年生と結城市から招待された中学生合わせて約40人が参加。小山市と結城市は2014年から結城紬の歴史などが縁で友好都市の関係になっており、今後も文化などの面で交流していく。

■柔道世界大会で金 高藤選手に県スポーツ功労賞(18-10-30)

下野市出身の柔道選手・高藤直寿さんに、福田富一知事から県スポーツ功労賞が送られた。「パーク24」に所属する高藤選手は先月、アゼルバイジャン共和国で行われた世界柔道選手権大会で6試合を勝ち抜き2年連続で優勝。世界選手権では今回を含め優勝3回、そして2年前に行われたリオ五輪でも銅メダルに輝き、今回で4回目の知事特別表彰。福田知事に次の目標を問われた高藤選手は、来年、東京で開かれる世界選手権大会に出場するための選考基準となるグランドスラム大阪で優勝することを挙げた。

■9月の有効求人倍率など発表 県労働局(18-10-30)

栃木労働局は30日、県内の9月における有効求人倍率などを発表した。県内全体では1.42倍と前の月と比べて下回った。これについて栃木労働局は、10月から最低賃金が引き上げられたのに先立ち、企業が求人の見直しを行ったことなどを要因として挙げ、概況として雇用情勢は「改善が進んでいる」としている。一方、9月末現在の求人倍率は2.05倍、高校新卒者の内定率は67.5%といずれもここ20年で最も高い数値となっている。これについて栃木労働局は「大学を卒業する4年後より景気の良い今の時点で就職を考える学生が一定数いるため」と分析している。
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレ公式YouTube
  • ミヤリーの部屋
  • ダイドー祭りドットコム2018 日本の祭り
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちぎテレビサービス