×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

大田原・津久井市長 「9月末完了は無理」希望者接種

 新型コロナウイルスのワクチンの国からの供給が不足し、自治体の接種にも影響が出ているが、大田原市の津久井 富雄市長は16日の定例会見で、国の目標を受けて11月末としてきた希望者への接種完了は「無理」との見解を示した。大田原市は医療機関での「個別接種」と「集団接種」を併用する形でワクチン接種を進めていて、土日に行う集団接種だけでも1日800人に行える体制を整備してきた。しかしここにきてワクチン供給が不足しているため、集団接種については9月以降の予約を取りやめているという。担当者は「非常にやるせない」とコメントしている。