×
Menu
とちテレHOME

栃木の今が分かる!!NEWS 栃木の今が分かる!!NEWS

県内ニュース

壬生 社協と会員・施設つなげ「福祉」向上に

 社会福祉協議会の会費を納めた会員に就労支援施設で作った製品を「謝礼」で送り、社協、会員、施設のそれぞれがつながる取り組みが壬生町で始まった。社会福祉協議会の唯一の自主財源は会員から「会費」だが納入は年々減っていて、どう確保するかが課題になっている。一方、コロナウイルス禍で就労支援施設では商品の販路が狭まり、利用者の工賃が大幅に減少している。  壬生町社会福祉協議会は福祉の中で財源を循環させようと、会員に、運営する就労支援施設「むつみの森」のコメやジャムを贈ることにした。社協版の「ふるさと納税」のようなイメージでSDG’sの持続可能な取り組みにつながると期待している。特別会員は一口1万円、賛助会員は一口5千円からでそれぞれ会費の2割程度にあたる製品が贈られる。