とちテレニュースカレンダー

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年06月14日(日)のニュース

ニュース動画一覧

■不足の血液 消防団が献血協力(20-06-14)

 世界献血者デーの14日、新型コロナウイルスの影響で輸血用の血液が不足する中、宇都宮市では消防団が献血に協力した。献血は宇都宮市消防団の清原分団が呼びかけ、日本赤十字社の協力で実施。団員の小筆淳史さんが貢献できるものはないかと探していたところ、報道で輸血用の血液が不足していることを知り提案した。不特定多数の人の参加や3密を避けるため事前予約で実施し、家族や地域の人たちなど60人が参加した。同団は支援の輪が広がればと呼びかけている。

■県有施設無料開放 15日は県民の日(20-06-14)

 6月15日は1873年に栃木県がほぼ現在の形になったことを記念して定められた県民の日。これに合わせ、県有施設が無料で開放され、特別企画も実施されている。宇都宮市睦町の県立博物館では、15日までの3日間を入館無料にし、益子町出身の画家・小泉斐の企画展を開いている。小泉斐は、江戸時代に黒羽藩、現在の大田原市を拠点に活動し、歴史上では無名ながらも作品や記録をたどっていくと注目すべき功績を残しているという。

■宣言解除1ヵ月 まち中に人出 声様々(20-06-14)

 政府が新型コロナ対応の特措法による緊急事態宣言を栃木県を含む39県で解除してから14日で、1ヵ月が経った。県内でも街中に人出が戻りつつあるが、「歓迎」に「不安」と県民からは様々な声がある。宇都宮市中心部のオリオン通りでは、午前11時半ごろ、親子連れやカップルなどの姿が多く見られた。テラス席で食事をとる客に加え、コロナ禍で多くの店が取り入れたテイクアウト、デリバリーも今や日常の風景となっている。

■移動式PCR検査車両を開発(20-06-14)

 
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • とちテレゴルフ
  • チラシビジョン
  • イブ6プラス
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • とちテレ公式YouTube