とちテレニュースカレンダー

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年02月のニュース

ニュース動画一覧

■アフターデスティネーションキャンペーンの概要を発表(19-02-14)

去年4月から3カ月間、JRグループの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」が行われ、期間中に2500万人以上の観光客が県内を訪れ、過去最多を記録した。これまで進めてきた誘客への取り組みをDCの遺産「レガシー」として定着させようとアフターDCが4月から6月まで予定されていて、各地で233の特別企画を予定している。

■宇都宮市が新年度予算案を発表(19-02-14)

宇都宮市の佐藤栄一市長は14日、一般会計で2,165億円となる新年度の当初予算案を発表し2年ぶりの減額となった。これはLRT整備基金への積み立ての減少などによるもので前の年度より53億円、2.4%減少している。佐藤市長は次の世代に引き継いでいくために予算の特徴としてICTを活用することやブランド力を生かし移住定住につながるまちづくりなど4つを挙げている。

■バレンタインデーでチョコレート売り場がにぎわう(19-02-14)

2月14日はバレンタインデー。宇都宮市の東武宇都宮百貨店では先月24日から特設の売り場「ショコラマルシェ2019」を設置していて多くの人でにぎわった。会場では国内や海外の37のブランドが自慢の商品を並べた。今年の特徴は「インスタ映え」。訪れた人はチョコレートで日ごろの思いを伝えようと熱心に商品を選んでいた。

■後任に大川氏 県商工会議所連合会の会長(19-02-13)

県商工会議所連合会は13日、理事会を開いて1月25日に死去した関口快流前会長の後任に、栃木商工会議所の大川吉弘会頭を充てることを決めた。大川会長は塩の仕入れ販売などを手掛けるジャパンソルトの名誉会長。理事会終了後とちぎテレビを訪れ、黒内和男社長と県内経済の現状などについて意見交換した。任期は6月まで。

■初公開の直筆譜面も 船村徹さんをしのぶ回顧展始まる(19-02-13)

塩谷町出身の作曲家、船村徹さんが死去し、まもなく3周忌を迎えることを受け、日光市の船村徹記念館で船村さんの功績をしのぶ回顧展が始まった。船村さんと54年にわたり親交があった音楽プロデューサー、小西良太郎さんが2017年10月から約1年間、下野新聞で連載した際の紙面が展示されている。また、船村さんが作曲した「師匠(おやじ)」の直筆譜面のほか、愛用の葉巻やペンも並ぶ。5月27日まで。

■熟練の技競う 技能グランプリ前に選手ら結団式 (19-02-13)

「技能グランプリ」が3月に兵庫県で開かれるのを前に、栃木県から出場する選手の結団式が行われた。同グランプリは婦人服製作や造園など30職種の技能士たちが熟練の技を競うもので、隔年開催。今回は神戸市をメイン会場に3月1日から4日まで行われる。栃木県からは「石工」「ガラス施工」「旋盤」の3職種に計4人が出場し、頂点を目指す。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • SOUND30
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • とちテレ公式YouTube
  • スノーボード天国 宇都宮会場