とちテレニュースカレンダー

2021年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■感染拡大地域への外出自粛を要請(20-12-09)

県は9日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県民や事業者に感染拡大地域に不要不急の外出を控えることなどを求めた。県内では高齢者施設でのクラスターが複数発生したことなどにより入院者数、重症者数の増加が続き病床、重症者病床の稼働率が過去最高の水準に。近隣の県では今月2日から8日までに茨城県が85件、群馬県は44件と過去最多の1日当たりの新規感染者数を確認している。

■西川氏も数百万円受領か 内閣官房参与は辞任(20-12-08)

内閣官房は8日、西川公也内閣官房参与が退職したと発表した。吉川貴盛元農水相が鶏卵生産大手、「アキタフーズ」グループの元代表から現金を受領した疑いがある問題に絡むもので、西川氏も2018年以降数百万円を受領したとみられることがわかっている。「アキタフーズ」グループからは西川氏への豪華クルーズ船による接待も明らかになっていて、西川氏は「自民党と政府に迷惑をかけるので身を引く」と周辺に伝えたという。西川氏は2014年9月に農水相に就任し、自身が代表を務めていた自民党支部の政治資金問題の責任を取って2015年2月に辞任。その後、2017年11月、当時の安倍首相が内閣官房参与に起用し、今年9月に就任した菅首相も参与に再任していた。

■新たに17人感染 累計782人(20-12-08)

県と宇都宮市は8日、新たに17人の新型コロナウイルスの感染を確認した。感染が確認されたのは足利市、佐野市、市貝町宇都宮市の10歳未満から90代の男女。このうち佐野市の70代男性と90代女性は7日、県内12例目のクラスターの発生が発表されたグループホームの利用者。この施設の感染者は合わせて14人となった。

■子供たちが作った「陶壁」お披露目 四季折々の滝表現(20-12-08)

県の魅力ある文化を国内外に発信するプロジェクトの一環として、県内の子どもたちによる、「陶壁」という焼きもので作られた壁のアートが完成し、8日、県庁で記念のセレモニーが開かれた。日光の華厳の滝が季節によって色や水の量を変えていく様子を、3枚の陶壁によって表現している。芳賀町に住む陶芸家の林香君さんが監修した。作品は県庁1階にある県政展示コーナーで見ることができる。

■県南でクラスター相次ぎ 福田知事「改めて対策徹底を」(20-12-08)

福田富一知事は8日、定例の会見を開き、県内でも新型コロナウイルスの感染者が急激に増えていることを受け、県民に改めて感染防止対策の徹底を呼びかけた。県内では11月末から4カ所で新型コロナウイルス感染のクラスターが発生。このうち3つは足利市と佐野市の高齢者施設。直近1週間の新規感染者数は、今月3日から100人台が続き、県では病床を重症者や重症化のリスクがある人に優先的に割り当てるため、軽症者や症状が無い人を宇都宮市の宿泊療養施設に直接受け入れを進めている。

■新年に向け大しめ縄架け替え 日光・森友瀧尾神社(20-12-07)

今年も残すところ3週間余り。新年を迎える準備が県内各地で進んでいる。日光市の森友瀧尾神社では県内最大とされる大しめ縄の架け替え作業が行われた。森友瀧尾神社の大しめ縄は鳥取県の出雲大社の大しめ縄に由来があるもので長さ約4メートル、重さ約300キロ。最も太い部分は1.7メートルにもなる。2本の縄は男性と女性を3つのふさは3人の子どもを意味していて縁結び・子宝の大しめ縄として知られている。毎年、神社の氏子などからなる日光藁文化保存会が作っているが今年は新型コロナウイルスの影響で人を集めることができず制作が難航したという。飾りつけも少人数で行ったため、本来なら大勢の人の力で大しめ縄を飾るところをフォークリフトを使って作業が行われた。

■乳児殺害の母親に懲役9年の判決(20-12-07)

生後2カ月の息子を暴行し死亡させたとして殺人の罪に問われている足利市田中町の無職 石橋 景子被告(41)の裁判員裁判が7日開かれ、宇都宮地方裁判所は懲役9年の判決を言い渡した。起訴状などによると石橋被告2018年8月に当時住んでいた佐野市内のアパートで生後2カ月の長男に対し頭を強く押し付けるなどの暴行を加え頭の骨を折るなどして殺害したとされている。岡田 健彦裁判長は「犯行は執ようで残酷」「自己中心的で被告人は強い非難を免れない」と指摘した。一方で被告人に反省の態度がみられることや更生に向けて家族の支援もあることなどから12年の求刑に対し懲役9年を言い渡した。岡田裁判長が「供養の気持ちを忘れずに悩みがあったら抱え込まずに誰かに相談すること」と諭すと石橋被告は涙ながらに「はい、わかりました」とか細い声で答えた。

■新たに16人感染 佐野でクラスター 県内765人に(20-12-07)

県と宇都宮市は7日合わせて16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち9人はこれまでに3人の感染が確認されている佐野市内のグループホーム関係者でこれで累計12人となり、県は県内12例目となる新たなクラスターと認定した。12人のうち入所者は7人、職員が5人。7日までの1週間で安足地域で3つの高齢者施設のクラスターが相次いでいることについて県は無症状者の出入りを含め改めて感染防止対策の徹底を呼び掛けている。これで県内で感染が確認されたのは765人。重症者は11人。

■17人の感染確認 重症者初の2ケタに(20-12-06)

県と宇都宮市は6日、新たに17人の新型コロナウイルス感染を発表した。累計で749人となり、直近1週間の感染者数は115人と過去最多。重症者は1人増えて初めて2ケタとなる10人となっている。県発表は10歳未満から70代の男女16人で、このうち栃木市女性(60代)と足利市女性(40代)は県外の職場に勤める同僚。この職場ではすでに2人の感染が確認されている。宇都宮市発表は50代男性で、職場では男性を含めて4人の感染が確認されている。
  • まろにえーるTV 超
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレ番組ガイド
  • 海と日本PROJECT
  • とちぎテレビをご覧いただく方法