とちテレニュースカレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年12月31日(月)のニュース

ニュース動画一覧

■来年のえと「亥年」生まれ 約15万9900人(18-12-31)

 来年のえと、亥年生まれの県民は約15万9,900人で、県内の人口に占める割合の8.2%であることが県のまとめで分かった。十二支別にみて3番目に少ないという。このうち年男は7万9,700人、年女は8万200人。亥年生まれの中では、来年72歳になる1947年(昭和22年)生まれが3万2,200人と最も多い。平成生まれの年男、年女は来年24歳となる1995年(平成7年)生まれが1万5,800人。2007年(平成19年)生まれの1万7,000人は、初めての年男、年女を迎える。

■すき焼き囲み家族を語ろう 年末すき焼き肉特別販売(18-12-31)

 家族が揃う元日に先祖のことを話し合い自分のルーツを知るという関西の慣習を広げようと、日光市所野のステーキレストラン「日光グルマンズ和牛」で、年末のすき焼き肉の特別販売が行われた。奈良や京都では、家族が集まる正月に「すき焼き鍋」を囲んで先祖や家族のことを話し合うという慣習がある。グルマンズ和牛では、1万6000円の商品にすき焼き肉1キロのほか、豚ひれ肉や鶏肉、チキンハンバーグなどをセットにして販売した。31日は800セットが用意され早朝から多くの人たちが列を作っていた。

■コメ奉納し年越しそば受け取る そば献穀祭(18-12-31)

 宇都宮市にある護国神社では31日、コメを奉納する代わりに年越しそばを受け取る「そば献穀祭」が行われた。献穀祭は神社の名前、護国神社にちなんで「五穀豊穣」を願い毎年行われている。訪れた人たちは、1升のコメを奉納したあと、石臼でソバの実をひき、神社でおはらいを受けた年越しそばを持ち帰る。訪れた人たちは来年もいい年になるように願いを込めて石臼をひいた。
  • visual
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」
  • SOUND30
  • とちテレ公式YouTube