とちテレニュースカレンダー

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2020年06月のニュース

ニュース動画一覧

■有効求人倍率 3カ月連続で前月下回る (20-06-30)

栃木労働局は30日会見を開き、5月の有効求人倍率が前の月より0.07ポイント下回り1.08倍となったと発表した。新型コロナウイルスの影響で3カ月連続の下落となった。また新規の求人数は9,909人で去年の同じ月と比べて全産業で下がり、全体で34.5%の減少となった。減少は5カ月連続。緊急事態宣言の解除後も、客足が以前の水準まで戻らず、売り上げが減っていることなどが要因と見られる。一方、新型コロナウイルスに対する特例措置の雇用調整助成金の申請はこれまでに県内で3926件あり、このうち2700件の支給が決定している。

■改正道交法施行であおり運転防止呼びかけ(20-06-30)

改正道路交通法が30日から施行され、宇都宮市内では警察らがあおり運転防止を呼びかけた。改正道交法では、車両などの通行を妨害するあおり運転を「妨害運転」と規定し、新たに罰則が設けられた。適正な車間距離を保たない、故意に急ブレーキをかけるなど10の違反が対象となり、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、2年間の免許取り消しとなる。また高速道路で相手を停車させるなど「著しい危険」を生じさせた場合は5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられ3年間の免許取り消しとなる。県警では去年、あおり運転につながる可能性があるとして車間距離を保たなかった違反で131件を摘発している。

■新たに3人が感染 うち2人はホストクラブ従業員(20-06-30)

県は30日、新たに3人の新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表した。これで県内の感染者は79人となった。77人目は小山市の70代の男性。宇都宮市内のキャバクラ店でのクラスターとは関係のない感染とみられる。濃厚接触者は同居する妻と長男、長女の3人。78人目と79人目は宇都宮市東宿郷1丁目のホストクラブClub Gentleの従業員。2人の同僚に、クラスターが発生した宇都宮市内のキャバクラ店を利用した人がおり、6月26日と27日にこの同僚と接触があったという。この同僚には咳の症状があったが、その後の検査の結果陰性だった。県と宇都宮市では今後、両方の男性の濃厚接触者について調査や検査を進めていく方針。





■1日からレジ袋が有料化(20-06-30)

 

■知事などの資産公開(20-06-30)

 

■新型コロナ新たに2人 キャバクラ従業員の妻と知人 (20-06-29)

県は29日、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれもすでに感染が確認されている宇都宮市のキャバクラ店に勤務する従業員男性の妻と従業員女性の知人男性。県内で感染が確認されたのはこれで76人となった。

■3千店に通知へ 警戒度は維持 初のクラスターで(20-06-29)

宇都宮市内のキャバクラ店で県内で初めてとなるクラスター・集団感染が発生したことを受け福田富一知事は29日、県内の同業種、約3千店にガイドラインの順守を促す通知を出すことを明らかにした。県が定める警戒度の4つの指標のうち「直近1週間の新規感染者数」が「感染観察」から一段階上の感染拡大注意に達しているが、そのほかの項目は感染観察に収まっていることや感染経路が追えていることから、総合的に判断して警戒度を現状のままを維持する。

■看護学生に地域食材プレゼント(20-06-29)

地域医療を支える看護師の卵たちにエールを送ろうと29日、矢板市の地域おこし協力隊、富川素子さんの企画で一人暮らしの国際医療福祉大学塩谷看護専門学校の学生に地域の食材の詰め合わせがプレゼントされた。地元の生産者の協力で米やトウモロコシ、リンゴジュースなど矢板市産食材の詰め合わせ32セットを用意した。

■過去最大の県補正予算が可決(20-06-29)

 

■キャバクラ店新たに5人 県内初のクラスターに(20-06-28)

 従業員の女性3人が新型コロナウイルスに感染した宇都宮市宿郷1丁目のキャバクラ店「CLUB EIGHT」で新たに従業員男女5人の感染が28日、判明した。県外在住者も含めこの店舗関係で感染が確認されたのは計9人となり、県内初のクラスター・集団感染となった。県内での感染者は74人となった。5人は、今月22日から27日かけて同店でミーティングを行ったり、同じテーブルで接客を担当したりしていた。

■小山市長選挙告示 現職と新人の一騎打ち(20-06-28)

任期満了に伴う小山市長選挙が28日告示された。現職と新人の一騎打ちとなる選挙戦が始まった。小山市長選挙に立候補したのは届け出順に6回目の当選を目指す現職の大久保寿夫候補71歳と弁護士で新人の浅野正富候補63歳。7月5日に市内52カ所で投票が行われ即日開票される。

■栃木SC シーズン初勝利逃す(20-06-28)

サッカーJ2は27日、約4カ月ぶりに再開した。栃木SCはアウェイでモンテディオ山形と対戦。新型コロナウイルスの感染防止で無観客での試合となった再開初戦は1対0で敗れて今シーズン初勝利を逃した。

■県内で新たに3人が感染 接客伴う飲食店の従業員(20-06-27)

県と宇都宮市は27日夜会見を開き、県内で新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。益子町在住の20代の女性と、さくら市在住の20代と10代の女性。3人は22日、勤務先の接客を伴う飲食店「CLUB EIGHT」(宇都宮市内)で、県外から来た2人の客を接客。その後客2人の陽性が県外で確認されたため、県が3人に検査を行っていた。市では店の全従業員25人に今後検査を行うほか、22日午後11時〜25日午前4時に店を利用し、体調不良などの症状が出た人に対して保健所(028−626−1135)まで連絡するよう呼び掛けている。

■観光地の人出 徐々に回復の兆し(20-06-27)

県をまたぐ移動の自粛が緩和されてから約1週間を迎え、県内の観光地にも徐々に人が戻りつつある。那須町の南ヶ丘牧場は、乗馬やバターづくり体験など一部の施設を除いて6月1日から営業を再開させている。27日には県内外から多くの人が訪れ、大自然の中で釣りや動物とのふれあいなどを楽しんでいた。また那須IC近くのお菓子の城 那須ハートランドも土産物を求めた客で賑わっていた。売上げは例年と比べ3分の1程度に留まっているものの、県外からの往来が解禁されてからは平日で1.5倍、休日で2倍ほどに回復してきているという。

■コツメカワウソの赤ちゃん 一般公開始まる 那須町(20-06-27)

那須町の那須どうぶつ王国で、4月24日に生まれた4頭のコツメカワウソの子どもたちの一般公開が始まった。世界で一番小さなカワウソで、生まれたばかりの時は体長約8センチほどだったが現在は体長約20センチ、体重800グラムにまで成長。オスは1頭で、メスが3頭。現在は母乳だけでなく自力でエサも食べるようになったが、水中を泳ぐにはもう少し時間がかかりそうだという。那須どうぶつ王国では名前を募集しており、来場者限定で応募することができる。
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • イブ6プラス
  • うたの王様 よくあるご質問
  • ミヤリーの部屋
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン