とちテレニュースカレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2018年12月のニュース

ニュース動画一覧

■宇都宮市議会商品券問題 議場で厳重注意(18-12-20)

宇都宮市議会議員が市の職員に商品券を渡していた問題をめぐり、最終日を迎えた宇都宮市議会で、これまで開かれていた倫理委員会での審査の結果を踏まえ、会議の冒頭、小林紀夫議長が熊本和夫議員と櫻井啓一議員の2人に対し口頭で厳重注意した。宇都宮市議会では倫理基準に違反しているという判断は初めて。

■イチゴで染めた着物のおひな様 鹿沼(18-12-20)

イチゴを使って着物を染めたおひな様が完成し、鹿沼市役所でお披露目された。ひな人形は「いちご市」を宣言した鹿沼市に協力しようと地元の老舗人形店「カノヤ人形店」が企画。女びなの衣装に使われている絹織物は市の花木センターで採れた「なつおとめ」を使って染めた。一反の生地を染めるのに約3キロのなつおとめを使ったという。男びなの衣装はイチゴの葉を使い草木染めの手法で染めた。「いちご染め」の雛人形は日本で初めてだという。ひな人形は5セット限定でカノヤ人形店で販売される。

■今年もあとわずか 東照宮ですす払い(18-12-20)

1年のけがれを落とす冬の風物詩すす払いが、去年平成の大修理が終わった日光東照宮の国宝の「陽明門」で行われた。狩衣にえぼし姿の神職やはかま姿の巫女の5人が長さ4メートルの竹で作られたほうきを使って作業した。また唐門と眠り猫のすす払いも行われ、新年に向けた準備が進められた。日光東照宮では電子マネーで拝観料の支払いができる券売機を設置するなど新たな取り組みを進め、今年は約240万人の観光客が訪れたという。

■原子力災害について自治体職員が学ぶ(18-12-19)

2011年の東京電力福島第1原子力発電所の事故を教訓に原子力災害に対する知識を身に着けてもらおうと自治体の担当者などを対象にした講習会が宇都宮市で開かれた。講習には50人ほどが参加し日本原子力研究開発機構の職員を講師に、放射線に関する基礎知識を学んだあと実際に機械を使って測定の実習を行った。県内では、県北部の施設などを中心に現在も空間放射線量の測定が続けられており、決まった高さで測ることなど測定する際の注意点についても説明を受けていた。

■日光のゆず湯風呂で心も体も温めて(18-12-19)

冬至に合わせてゆず風呂を楽しめる鬼怒川・川治温泉の冬の「ゆず湯風呂」。今年で22回目を迎えるこの催しを前に、PRとして「鬼怒川温泉あさや」の露天風呂に日光産のゆず1000個が浮かべられた。特製の湯舟は、ライン下り用の船を使ったもの。日光市観光協会によると、この地域のお湯はアルカリ単純泉でユズのさわやかな香りがより引き立つという。キャンペーンにはあさやの他、鬼怒川・川治の温泉旅館や鬼怒川公園岩風呂など33の施設が参加する。

■ネイチャー「今年の10人」の吉川氏が那須町で講演(18-12-19)

英国の科学誌ネイチャーの最新号で「今年の10人」に選ばれた栃木市出身の吉川真さんが18日、那須町の中学校を訪れ特別授業を行った。これは県が企画した「とちぎ未来大使」による夢講座。吉川さんは小惑星探査機「はやぶさ2」のミッションマネージャーで、ネイチャーでは「小惑星から岩石を持ち帰るすごい事業の責任者」と紹介されている。はやぶさ2は地球から約3億キロ離れた場所にある小惑星「りゅうぐう」の調査を行っており、今月13日に小惑星の地表には岩石のほか多数の窪みがあることなどがJAXAから発表されている。生徒たちは、はやぶさの失敗を糧にはやぶさ2の改良を行ったという吉川さんのエピソードにじっと耳を傾けていた。

■二度に渡る酒気帯びで教諭停職(18-12-18)

県教育委員会は18日、酒気帯び運転の疑いで逮捕された高根沢町の中学校の男性教諭を停職6カ月の懲戒処分にした。教諭は退職願を提出し18日付で受理されている。懲戒処分を受けたのは高根沢町の阿久津中学校に勤務する小池佳孝教諭54歳。教諭は8月28日の午前中、宇都宮市内で酒気帯び運転の疑いで警察から取り調べを受け、基準値を超えるアルコールが検出されたため書類送検されているほか、10月20日にも酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されている。いずれも前の日から酒を飲み自分の車の中で仮眠をした後だったという。

■いすゞ自動車栃木工場から園児へのクリスマスプレゼント(18-12-18)

栃木市の保育園などの園児たちに、自動車メーカーのいすゞ自動車栃木工場からクリスマスケーキが贈られた。これはいすゞが地域貢献活動の一環として10年以上続けているもので、市内21の保育園と認定こども園に339個のケーキをプレゼントしたという。栃木市の大平南第一保育園には午前9時すぎにホールケーキ6個が届けられ、園児たちは市内でとれた「とちおとめ」をケーキにのせて、おやつを楽しんだ。

■県教委が登山計画ガイドライン公表(18-12-18)

大田原高校の生徒と教諭8人が死亡した雪崩事故を受けて県教育委員会は18日、県立学校の登山計画や活動の指針となる「ガイドライン」を公表した。冬山の登山については原則的に認めないとする一方、冬でも積雪状態にない低い山の登山に限り一部活動を認めている。ガイドラインの策定を巡っては、遺族弁護団などが冬山登山の全面的禁止を求める意見書を出していたが、ガイドラインが全面的禁止としなかったことについて、遺族団は「議論が全くないままガイドラインに反映された」とコメントしている。
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • スノーボード天国 宇都宮会場
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • SOUND30
  • NEZAS Presents 「清水麻璃亜のシミズキッチンTV」