とちテレニュースカレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2019年06月のニュース

ニュース動画一覧

■地域の文化を田んぼアートで 小山(19-06-02)

小山市の田んぼアートは今年で9回目で渡良瀬遊水地など4カ所で行われている。間々田地区の水田には県内外から約200人が集まった。キャンパスに見立てた田んぼにデザインするのは地域に伝わり今年国の重要無形民俗文化財に指定された「間々田のジャガマイタ」。子どもたちは泥んこになりながら成長すると赤や白などに色づく6種類のイネを丁寧に植えて行った。イネは6月中旬から色づき始め7月上旬にデザインがはっきり見えてくるという。

■豪華な平家絵巻 日光市湯西川(19-06-02)

「平家の落人」の伝説が残る日光市の湯西川温泉で、恒例の平家大祭が行われ武者たちが街を練り歩いた。祭りのメーンは、勇壮な武士や可憐な姫などにふんした87人が練り歩く「平家絵巻行列」。平安時代に栄華を極めた平清盛役は日光市の大嶋一生市長が務め、すがすがしい陽気のなか、湯殿山神社から平家の里までの1.2キロを歩いた。時代が「令和」に変わっても当時の雰囲気をそのまま伝える歴史絵巻を、訪れた人たちは楽しそうに見物した。

■街なかで音楽を ミヤ・ストリートギグ(19-06-02)

北関東最大級といわれるアマチュアの音楽フェスティバル「ミヤ・ストリートギグ」が今年も宇都宮市の中心部で行われた。今回で40回目を迎え2日間で計179団体が参加。ジャズやロック、ゴスペル、ダンスなどさまざまなジャンルの音楽を披露した。長年活動し独自のファンを抱える団体や、今回初めて出場したチームなどそれぞれが思い思いの音楽を演奏し音楽で街なかに彩りを加えた。

■高校登山大会の県予選始まる(19-06-01)

全国高校登山大会の栃木県予選会が1日から2日間の日程で始まった。1日は宇都宮森林公園で開会式が開かれ、冒頭、おととし那須町で起きた雪崩事故で亡くなった生徒と教諭に対し黙祷が捧げられた。県高体連・登山専門部の部長を務める大田原高校の三森謙次校長は「自然の中で安全に競技を行ってください」と呼びかけた。今年は男子の部4校、女子の部5校から合わせて36人が出場。それぞれの部の1位のチームは8月に宮崎県で開かれる全国大会に出場する。

■聖火リレーのルート発表 県内で16の市や町巡る(19-06-01)

2020年3月にスタートし47都道府県を巡る東京オリンピック聖火リレーのルートが発表された。栃木県は足利市から宇都宮市まで16の市や町を巡る。リレーは来年3月26日に福島県から始まり、栃木県を全国で2番目に、3月29日〜30日の期間に通過する。総勢160人のランナーのうち県が提案する枠は44人となっており「公募」と「推薦」の人数の内訳については今後決める方針。公募の受付は17日から開始される。

■クリケットW杯を花絵でPR(19-06-01)

2日から佐野市で開催される19歳以下クリケットW杯東アジア太平洋予選を盛り上げようと、会場で花びらなどを使って絵を作るイベントが開かれた。地元の有志など50人が挑戦したのは、イタリア語で「花をまく」意味の「インフィオラータ」と呼ばれる参加型アート。クリケットが盛んなインドから取り寄せた花と、地元企業から譲り受けた砂を使い、国内では初めてとなるクリケット国際大会の開催を絵で祝った。日本代表チームには佐野市出身の選手も含まれており、2020年に南アフリカで行われるW杯本選への切符をかけて4か国と戦う。
  • とちテレSHOP
  • visual
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • とちテレゴルフ